FC2ブログ

師走の京都 嵯峨野 常寂光寺(市内遠望) 

少し前になりますが、師走の12月5日に、嵯峨野常寂光寺で、紅葉を撮影しました。


常寂光寺のホームページでは、外国の若い方が動画でお寺の紹介をしています。

「常寂光寺の第一印象は、「生き生きしている」ということでした。
とても自然です。しかし同時に、人の手が入り完璧に全体が構成されています。
境内はとてもきれいで、とても新鮮です。
常寂光寺を間近で見ると、いかに庭の細部にまで目が行き届いているか
手入れがなされているかがすぐにわかります。
常寂光寺でのスケッチはやみつきになる魅力があります。
一度描きはじめたら、時が経つのを忘れてしまいます。
そしてこの境内の環境に影響を受けないではいられないでしょう。
スケッチをしたり、写真を撮ったり、瞑想をしたり・・・
このお寺の中で行えば、どんなことでも、過去に経験がない初めての体験だと思うことでしょう。
常寂光寺を後にする時、心が静かになっているのを感じました。 心の中のざわめきはなくなり
心が解き放たれたように思いました。」

と翻訳されています。

四季折々にこのお寺に来ていますが、確かに落ち着くような気がします。
特に、観光客が少ない時期の訪問をおすすめします。


On December 04, 2011, I visited Jojakko-ji Temple at Kyoto Sagano.

京都の師走、京都駅(Kyoto Station)構内の風景

2011年師走、京都駅ビルの構内での風景です。

京都駅ビルのHPに建設コンセプトが書かれています。
「京都は歴史の門である
という設計趣旨から平安京の特徴である条坊制(碁盤の目)を取り入れ、
玄関口としての象徴である「門」を烏丸口と室町通に配しています。
また中央コンコースを谷に見立てた段丘を東西に延ばし、
中央部はガラスと金属でカバーされたアトリウム。
空を映し出した壮大な内部空間と空に溶け込む外観を作り出しています」

大階段に沿って、エスカレータを上がって、屋上近くから眺める駅のコンコースは
確かに谷のように見えます。
ガラス越しに見る駅前のタワーも夜の景色を彩っているように感じます。

This scenery is a state of the Kyoto Station building yard.(December,2011)

京都(Kyoto)の師走、京都駅前広場の音楽噴水

2011年師走、京都駅ビル前の音楽噴水です。

毎月音楽が変わるようですが、12月は以下です。
・オープニング曲(ファンファーレ、祇園囃子、祇園小唄、さくらさくら)
・愛の挨拶
・おもちゃの交響曲
・「カルメン」組曲第1番より闘牛士
(※「カルメン」は、京都市交響楽団演奏曲)
・アイネ・クライネ・ナハトムジーク
・(きよしこの夜、ジングルベルメドレー)
・シング シング シング

これが始まると周囲の観光客がカメラを向けます。
駅前広場にもっと緑が多くあれば、この噴水ももっと風情が感じられたかも知れませんが、
観光のひとつの目玉になればよいと思っています。

This scenery is a music fountain in the open space in front of Kyoto Station building. (December,2011)

京都(Kyoto)の師走、京都駅のイルミネーション

2011年師走、京都駅ビルのクリスマスイルミネーションです。

今日はクリスマスイブです。
京都新聞の京都のクリスマスイルミネーションの記事によると、
市内だと、京都駅ビル、 同志社大学、 新風館、 グランドプリンスホテル京都
京都ホテルオークラ、 京都ブライトンホテル、 京都府立植物園、 しょうざん
などが紹介されています。
今年は駅ビルと植物園に行きました。

ここ駅ビルの大階段の広場で時々いろいろなイベントが催されています。
今年は25日夕方にクリスマスコンサートがあるようです。

修学旅行で訪れたこじんまりした駅舎(確か2~3階建てだった?)とは異なり
今の駅ビルは、11階建ビルに相当する高さで、屋上の大空広場からは市内が見渡せます。
もうすっかり京都の風景に馴染んできたように感じます。

This scenery is Christmas illuminations at the Kyoto Station building. (December,2011)

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック