FC2ブログ

京都 城南宮のすすき風景

城南宮は、「鳥羽伏見の戦い跡」で、明治維新を決定づける戊辰(ぼしん)戦争の発端となった場所です。慶応4年正月、都を目指す旧幕府軍が進軍を図るや、城南宮の参道に並べられた薩摩藩の大砲が轟き、鳥羽・伏見の戦いが始まりました。先日のNHK大河ドラマの西郷どんでも、そのシーンが放映されていました。

平安時代の末に、白河上皇が壮大な離宮(城南離宮、鳥羽離宮)を造営して院政を開始された地でもあります。ここ城南宮では、毎年春と秋に行われる「曲水の宴」が有名です。(庭を流れる川のほとりで、和歌を詠む、という優雅な行事です)

すすきは、平安の庭の池の奥に大きく穂を実らせていました。池の手前には紫苑も咲いていました。

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

すすきすてき

こんばんは。いつもありがとうございます。

城南宮は茅の輪くぐりの季節しか訪れたことがありませんが、秋の風情も素敵ですね。
すすき、と一口に言ってもいろんな種類があるのかしら?穂の開き具合で違うものに見えるのかしら?
北海道で紫色のすすきを見た時はびっくりしました。

能「井筒」では、すすきを井戸に見立てた作り物に添えますが、秋の公演の折りには生のすすきを用います。鎌を持って農家さんを訪ねたこともありますが、昨今は花屋さんで購入することが多いです。

すすきも風景のひとつとして愛でる情緒、とても素敵ですね♪

No title

自然いっぱい、癒されますねえ(^_^)

Re: すすきすてき

つねまる 様

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

私も城南宮は久しぶりでした、初秋の風情もなかなか良かったです。

そうですね、今年すすきをいろいろと見て回りましたが、いろんな種類があるようですね、そして、すすきのある景色が、風情があって、何とも言えない感じでした。(見慣れていた場所がまったく違う感じに思えました)

能「井筒」での、生のすすきの舞台を見てみたいです、大きなすすきで飾れば、ひときわ映えるのですね。

また、よろしくお願いいたします。

Re: No title

ジャム 様

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

そうですね、久しぶりに城南宮に行きましたが、こんな立派なすすきが穂を垂れている風景に出会えて思わずにんまりしました。

また、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック