FC2ブログ

京都の桜 化野念仏寺

4月2日に嵯峨野の化野(あだしの)念仏寺、二尊院に行ってみました。どちらも新緑や紅葉の時期には行っていましたが、桜の時期には初めてでした。

二尊院から化野念仏寺までは約1Kmほどの距離です、途中から、昔の町並みが残り「国の重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている「愛宕古道」と呼ばれる道を通ります。その愛宕古道のちょうど真ん中あたりに化野念仏寺が位置します。愛宕古道の出口には愛宕念仏寺があって、愛宕山登山口にもなっているロマンの地清滝に抜ける清滝トンネルのちょうど入り口付近に出ます。

「化野」は「あだしの」と読みます。寺伝によると、「あだし」とははかない、むなしいとの意で、又「化」の字は「生」が化して「死」となり、この世に再び生まれ化る事や、極楽浄土に往来する願いなどを意図している。と書かれています。

化野念仏寺の境内の中の桜の木はそれほど多くありませんが、境内中ほどの延命地蔵尊の横に咲くしだれ桜が見事に咲いていました。

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

20180402化野念仏寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

こんばんは。ご無沙汰しております。
いつも寂しい季節に訪れるせいか、春爛漫の画像にちょっと驚きがございました。でも桜の命が儚いように、この世にある我々もまた儚いものなのだと謡にございます。昔は花といえば梅だったそうですが、桜を題材にした和歌などもあるので、きっと昔の人も一瞬の美しさに魅せられたことだろうと思います。

今年の弊能楽堂のテーマは、史跡や伝説と謡の繋がりでございまして。おかげさまで、カメラ片手に右往左往しております。
どこへ行ったら何があるかな?と、貴記事を検索に使わせていただいておりまして、たいへん勉強になっております。ありがとうございます。

Re: 春

つねまる 様

ご無沙汰しています、お元気そうなご様子で安心しました。

季節外れの桜記事ですが、ご訪問ありがとうございます。いろいろとあって、なかなかタイムリーに出かけることができなくて、せっせと撮り貯めして、通年の記事を作成しています。そうですね、満開の桜を見ていると、かえって儚さが伝わってきますね。

史跡や伝説には興味が尽きないですね、私も、各地を訪れるきっかけにしています、ぜひ、謡の繋がりも教えてください。

また、よろしくお願いいたします。

非公開コメント

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック