雪の京都嵯峨野 滝口寺

雪景色の祇王寺を撮影した後で、隣接する滝口寺に入ってみました。

祇王寺の入り口の広場から、左手の階段を上がって行くと、すぐに受付があります。昨年の新緑のころに初めて拝観して以来の2度目です。歴史を調べてみると、平重盛家臣の斎藤時頼(滝口入道)と建礼門院の侍女横笛の悲恋の舞台で、また、新田義貞の首塚もある古いお寺です。平安時代末期、浄土宗の開祖法然の弟子、良鎮が往生院という寺を創始し、その往生院の塔頭のひとつの三宝寺が、現在、滝口寺となっているそうです。

境内はそう広くはありませんが、竹林もあって、のんびりと古都の歴史と自然を感じることのできるお寺です。かやぶき屋根の本堂は修復工事中でした。

20180125滝口寺

20180125滝口寺

20180125滝口寺

20180125滝口寺

20180125滝口寺

20180125滝口寺

20180125滝口寺

20180125滝口寺

20180125滝口寺

20180125滝口寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

今晩は

懐かしくブログ見せてもらっています。
「滝口入道」って小説、思い出しました。
明治時代の安積(あさか)中学校の出身の高山樗牛の作品でした。
我々のずーっと先輩です。
滝口寺は祇王寺に行った時に5回に1回ぐらい寄ります。
みんな見落としますよね。

Re: 今晩は

イングリシュガーデン 様

いつもご訪問コメントありがとうございます。

滝口寺と祇王寺は、平家一族との悲恋の寺ですよね、嵯峨野の片隅にこじんまりと佇むお寺の雰囲気にとてもあっていますね。
私は昨年まで滝口寺に入ったことがありませんでしたが、入ってみて、訪れる人が少ないせいか、祇王寺よりのんびりとした雰囲気が気に入りました。

また、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック