京都の夏 祇園祭前祭 宵々々山の風景です(菊水鉾、山伏山、占出山、孟宗山、函谷鉾、長刀鉾)

「月鉾」から四条室町交差点を北に上がり、「菊水鉾」に向かい、一筋北の錦小路、、一筋東の烏丸通、を通って、四条東洞院通近くの長刀鉾で、この日の見学を終えました。

この時刻に四条新町、四条室町交差点あたりにいると「コンチキチン」の祇園囃子の音色があちこちから聞こえてきます。「祇園祭」を感じる瞬間です。毎年同じですが、この一年間のことをふと思い出す瞬間でもあります。そうすると何か去年と違う感じもします。もうすっかり暗くなってきています。

鉾が今のような形になり、豪華な飾りをつけるようになったのは、桃山時代から江戸時代にかけて貿易がおこり、町衆階級が勃興して舶来のゴブラン織や西陣織などが競って用いられるようになってからだそうです。巡行行事が「動く美術館」、宵山期間に展示される懸装品、町屋の屏風、飾り物などは、「静の美術館」と呼ばれています。以前NHKの祇園祭特集「至宝に秘められた謎」という番組で、16世紀、世界最高のタペストリーの産地だったブリュッセルで作られた5枚一組のシリーズが、京都に持ち込まれた経緯が放映されていました。

そんな山鉾に秘められた一つ一つを感じながら宵山を歩くと、1000年の歴史を感じることもできます。

「菊水鉾」
20170714祇園祭前祭宵々々山

20170714祇園祭前祭宵々々山

「山伏山」
20170714祇園祭前祭宵々々山

20170714祇園祭前祭宵々々山

「占出山」
20170714祇園祭前祭宵々々山

20170714祇園祭前祭宵々々山

「孟宗山」
20170714祇園祭前祭宵々々山

20170714祇園祭前祭宵々々山

「函谷鉾」
20170714祇園祭前祭宵々々山

「長刀鉾」
20170714祇園祭前祭宵々々山

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

No title

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
すっかり秋めいてきましたねー。
「おきてがみ」の機能が回復したようですよ(*^^*ゞ
明日は久しぶり雨模様のようです(^_-)-☆

Re: No title

まり姫 様

こちらこそ、いつもご訪問、コメントありがとうございます。

そうですねすっかり秋めいて、朝晩過ごしやすくなってきましたね。
お身体いかがですか?

「おきてがみ」のご連絡ありがとうございました。
今まで、どうしようか考えていたのですが、
実は今回のトラブルにあわせて、アイコンを外しました。

まことに勝手ではありますが、
FC2訪問者でのご交流を今まで同様お願いいたします。

またよろしくお願いいたします。


非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック