FC2ブログ

京都の新緑 常寂光寺境内

常寂光寺のホームページよると、「慶長年間(1596~1614)に大本山本圀寺第16世究竟院日禛上人により開創。本堂は慶長年間に小早川秀秋公の助力を得て、伏見桃山城客殿を移築し造営する。」と書かれています。

仁王門から階段を上って、本堂前に出て、左手側の妙見堂前の市内が良く見える場所から、山側に上がって行くと、多宝塔に行くことができます。途中竹林もあって、嵯峨野の雰囲気を味わうことのできるお気に入りの境内です。

多宝塔の横をさらに上がっていくと、市内を見晴らすことができる場所に出ます。年に何回も訪れている常寂光寺に行くと、必ずこの展望台まで来て、一服して市内を見ます、そして、写真を撮影しながらのんびりと境内の坂道を下りることにしています。帰り道は末吉坂を鐘楼の方から下ることにしていて、仁王門と末吉坂が一緒に見れる風景を必ず撮影しています。このアングルが一番気に入っています。

この日、新緑に包まれた静かな境内は、心落ち着く場所でした。

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

20190512常寂光寺・新緑

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック