FC2ブログ

下鴨神社「光琳の梅」

もう3月も終わりで、桜の咲き乱れるこのごろですが、今年は梅林によく出かけたので、まだしばらく梅風景を続けます。

下鴨神社の境内を流れる御手洗川にかかる輪橋(そりはし)の側に「光琳の梅」があります。この梅は、江戸時代の京都画壇の代表的画家、工芸家の尾形光琳が「紅白梅図屏風」(国宝)に描いた梅です。(紅白梅図屏風は、静岡県熱海市のMOA美術館所蔵です)

一週間前の3月3日に一度来ましたが、流しびなの行事が行われていて、大勢の観光客がこの橋と御手洗川の周辺にいたので、ゆっくりと梅風景を撮影することができなくて、今年二度目の拝観です。

下鴨神社は、お正月の蹴鞠から始まって、二月の節分、三月の雛祭り、五月の流鏑馬、葵祭、九月の中秋の名月、などの行事と、新緑、紅葉などの撮影で何度も拝観する機会があって、よく来ています。最近は、隣接する場所に建つ旧三井家下鴨別邸が公開されて、ライトアップ行事などが行われているので、その訪問も含めると年に数回は来ていることになります。

20180310下鴨神社

20180310下鴨神社

20180310下鴨神社

20180310下鴨神社

20180310下鴨神社

20180310下鴨神社

20180310下鴨神社

20180310下鴨神社

20180310下鴨神社
スポンサーサイト



テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック