FC2ブログ

京都花園 法金剛院の「新緑・紫陽花・蓮」景色

今日が、「京都の新緑・淡緑」の紹介シリーズの最終回です、次回からは「祇園祭」シリーズです。

6月下旬の関西花の寺第十三番 蓮の寺・法金剛院の風景です。

平安初期の貴族・清原夏野の山荘がお寺になり、その後、大治5年(1130)に鳥羽天皇の中宮待賢門院(たいけんもんいん)が都の西方に極楽浄土を求めて壮麗な伽藍を建立し、法金剛院と号した。そうです。本堂前のしだれ桜は、春に豪華に咲きます。待賢門院桜と名付けられています。

そう大きくないお寺ですが、梅、桜、花菖蒲、沙羅、紫陽花、蓮と初春から花が咲き、秋の紅葉まで庭が楽しめるところです。この日、入り口に植えられている沙羅双樹の花はほとんど散っていました。

この寺の北側に吉田兼好が「徒然草」を執筆したと伝えられる双ケ丘があります。双ケ丘は標高100mほどの小さな丘が3つ並んでいて散策路がありますが、あまり人は歩いてはいません。丸太町通りに面している法金剛院の横の信号の三差路を北に、住宅街の中(双ケ丘の東側)を約25分ほど歩くと、きぬかけの道に面している世界遺産の仁和寺に出ます。

この日、紫陽花は満開でしたが、蓮は少し早かったようです。

20170627法金剛院

20170627法金剛院

20170627法金剛院

20170627法金剛院

20170627法金剛院

20170627法金剛院

20170627法金剛院

20170627法金剛院

20170627法金剛院

20170627法金剛院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック