FC2ブログ

新緑の京都 南禅寺金地院庭園

今日は、祇園祭後祭の山鉾巡行、花笠巡行の日ですが、まだまだ「新緑の京都」を続けます。

6月初旬に新緑に包まれた東山南禅寺塔頭金地院の拝観に初めて行きました。

金地院の方丈前庭は「鶴亀の庭」として有名で小堀遠州の作です。庭いっぱいに鶴亀が向かい合う姿を表現しているそうです。方丈から見て右手に鶴が左手に亀が配されていて、目の前の白砂は、宝船を象徴すると同時に海洋を表しているそうです。

金地院を移築した崇伝は、徳川家康のもとで江戸幕府の法律の立案・外交・宗教統制を一手に引き受け、その権勢から黒衣の宰相の異名を取った僧侶です。大坂の陣の発端にもなった方広寺の鐘銘事件にも関与し、「国家安康」「君臣豊楽」で家康を呪い豊臣家の繁栄を願う謀略が隠されていると難癖を付けたのは崇伝とされる説もあります。

今度拝観するときは、こんな歴史を感じながら、境内・庭園を散歩しようと思っています。

方丈の中や縁側に座って、静かなひと時を過ごしている人もいました。南禅寺三門あたりの混雑に比べると嘘のような静けさでした。

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

20160606南禅寺金地院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック