FC2ブログ

紅葉の京都 厭離庵(嵯峨釈迦堂近く)

2014年11月末の平日に嵯峨釈迦堂、厭離庵、宝筐院と嵯峨野の紅葉の名所を巡ってみました。

厭離庵は、藤原定家の小倉山荘跡で、定家が百人一首を撰したところといわれています。江戸中期に令泉家が修復。霊元法皇から厭離庵の号を賜わったそうです。公開は11月初旬から12月初旬までです。
今までこの辺りはよく来ていましたが、厭離庵には初めて入ってみました。嵯峨釈迦堂の西門を出て、二尊院方向に歩いてすぐの場所にあります。平日でしたが、大勢の観光客が行き交っていました。
紅葉の時期だけだと思いますが、入り口に小さな立て看板があって、普段はたぶん通り過ぎてしまうような路地を入って行きます。小さな門を入ると、もみじの紅葉が目に入ります。書院の縁側に座って庭を眺めている人が大勢いました。誰もいないときに座れたら時の経つのを忘れそうです。
(藤原定家の作で百人一首に収められているのは、「来ぬ人を まつほの浦の夕凪に 焼くや藻塩の 身もこがれつつ」です。)

20141128厭離庵

20141128厭離庵

20141128厭離庵

20141128厭離庵

20141128厭離庵

20141128厭離庵

20141128厭離庵

20141128厭離庵


スポンサーサイト



テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック