FC2ブログ

福井県越前市武生町街巡り

今年のGW10連休の前半に、福井県坂井市の丸岡城に行く前に、越前市武生町街巡りをしてみました。その頃に、隣の鯖江市のツツジが見頃になっていたら、そこに寄ってから福井市に入るつもりでしたが、今年はまだの様子だったので、ここ武生の式部公園の藤棚(藤回廊)と街巡りにしました。

JR武生駅で改札口を出てすぐのところにある「越前市 観光・匠の技案内所」でレンタサイクルを借りて、蔵の辻、総社大神宮、紫式部公園、寺町通り、いわさきちひろの生家などを巡ってみました。

武生は「源氏物語」の作者で有名な紫式部が生涯にただ一度だけ京都を離れて暮らした土地だそうです。その紫式部を偲んで平安時代の庭園を再現した「式部公園」が、駅から南西方向2.5Kmほどの場所にあります。藤の花の時期は少し過ぎていましたが、緑の中に咲く藤の花は色鮮やかでした。(天気が良ければもっと鮮やかだったと思いますが...)

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

20190430武生街巡り

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

福井県坂井市「丸岡城」

今年のGW10連休の前半に、前々から行ってみたいと思っていた福井県坂井市の丸岡城に行ってみました。連休の前半は雨が多かったので、天気が良くなかったのが少し残念でした。

丸岡城は、江戸時代からの天守が現存している12城(彦根城、姫路城などなど)の一つで、今も昔の面影を色濃く残すお城です。
丸岡町は、越前の一向一揆の平定に成功した織田信長の命により、柴田勝家の甥「柴田勝豊」が1576年に丸岡城を築き、城下町を整備したのが都市としての起源とされていて、築城以後明治維新まで約300年の城下町として栄えたそうです。

一階から二階、二階から三階へは、急な階段がかけられていて、ロープをつかみながら登りますが、この日は連休中ということもあって、大変混雑していました。

この日、お城近くの「一筆啓上館」にも入ってみました、日本一短い手紙として有名な「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」の一文は、徳川家康の家臣の本多重次が天正3年(1575年)の長篠の戦いの陣中から妻にあてて書いた手紙で、その手紙に書かれた「お仙」が、後の丸岡藩主、本多成重のことだそうです。

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

20190501福井丸岡城

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

滋賀の紅葉 大津三井寺(境内)

11月下旬に、滋賀県大津市に位置する三井寺の紅葉に行ってみました。
京阪石山坂本線の三井寺駅より徒歩10分ほどで仁王門に着きます。京都市内からは、京阪への乗り入れを行っている地下鉄東西線に乗って、終点の浜大津で京阪石山坂本線に乗り換えて一駅目です。

三井寺のHPに以下が書かれています。「三井寺は、正式名称を「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山です...672年、壬申の乱が勃発。 壬申の乱に敗れた大友皇子の皇子の大友与多王は父の霊を弔うために 「田園城邑(じょうゆう)」を寄進して寺を創建し、 天武天皇から「園城」という勅額を賜わったことが園城寺の始まりとされています...平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚の卓越した個性により、天台別院として中興されました。」

観音堂からさらに石段を上れば、琵琶湖を遠望できる展望台に出ます。夕陽に照らされた琵琶湖がきれいでした。

11月の下旬になっていたので、紅葉は終わりかけで散紅葉になっていましたが、人気の少ない境内の至る所での散り紅葉の風景は風情がありました。

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

滋賀の紅葉 大津三井寺(仁王門から三重塔あたりまで)

11月下旬に、滋賀県大津市に位置する三井寺の紅葉に行ってみました。琵琶湖を見下ろす山の下から中腹まで境内が広がっていて、展望台まで上がると、琵琶湖が一望できます。この日、閉門間近の16時少し前から入山して、山陰の日暮れ風景を駆け足で拝観しました。

仁王門は徳川家康の寄進によるもので、門の左右には室町時代の仁王像が鎮座しています。桃山時代を代表する名建築の国宝の金堂は、豊臣秀吉の正室北政所によって再建されたものです。鐘楼には、近江八景の「三井晩鐘」知られる梵鐘がつるされています。「三井晩鐘」は、その音色の美しさから、「音の三井寺」として「姿の平等院」「銘の神護寺」とともに天下の三名鐘と呼ばれているそうです。

歴史のあるお寺です。

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

20181129滋賀三井寺・紅葉

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

新年あけましておめでとうございます。

新年早々ご訪問頂き、ありがとうございます。

2018年の印象に残る写真です。

冬(南禅寺塔頭天授庵の雪景色です)
2018Winter

春(嵐山の桜風景です)
2018Winter

夏(福井県三国花火大会の風景です)
2018Summer

秋(滋賀県大津市三井寺の紅葉風景です)
2018Autum


2018年も、いろいろなことがあり、なかなかタイミングよく写真を撮りに行くことができませんでした。


今年(2019年)も市内や旅行先のあちこちを歩き回るつもりでいます。引き続き、今年もよろしくお願いいたします。

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック