FC2ブログ

京都の新緑 鳥居本愛宕念仏寺

5月5日に嵯峨野の北に位置する鳥居本(奥嵯峨?)のもっとも北にある愛宕念仏寺に行ってみました。

愛宕念仏寺は、京都市内から清滝に向かう道の清滝トンネル入り口のすぐ手前に位置します。嵐山-高雄パークウエイの嵐山・清滝口ゲートに向かう道をまっすぐ清滝トンネル方向に進んだ場所です。少し手前に鳥居本「平野屋」があります。

鳥居本には千灯供養(境内 8千体の石仏・石塔群)で知られている化野念仏寺がありますが、その少し北に位置するここ愛宕念仏寺の境内にはそれぞれの表情が異なる「千二百羅漢」が並んでいます、初めて見たときには、その壮観さに驚きました。

愛宕念仏寺は8世紀中頃、称徳天皇により京都・東山、今の六波羅蜜寺近くに愛宕寺として創建されて、その後廃寺、復興を経て、大正11年に嵯峨野に移築され、嵯峨の愛宕念仏寺として 再興されています。そして、昭和55年より山門の解体復元修理や、境内全域の 本格的な復興事業が行われ、寺門興隆を祈念して、一般の参拝者の手によって彫られた羅漢が並べられはじめて、それが1200体もの数になっています。

2年ほど前の紅葉の時以来の拝観でしたが、美しい新緑の中、羅漢さんたちの表情も活き活きとしている感じでした。

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

20190505愛宕念仏寺・新緑

スポンサーサイト



テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

初秋の京都 奥嵯峨鳥居本平野屋から清滝へ

2016年11月6日夕方に、嵯峨野の北に位置する鳥居本の平野屋さん、さらに清滝トンネルを抜けて清滝に行ってみました。どちらも紅葉までまだもう少しの感じでした。

ほぼ毎年、紅葉の季節には「平野屋」の撮影に来ています、市街地の紅葉に比べると少し早めに朱色が輝きだします。平野屋の屋根瓦と藁ぶき屋根の苔と、その手前に見えるもみじの葉が、色鮮やかに見えます。新緑の時は緑色、紅葉の時は朱色と、絶妙のバランスです。冬の雪景色の時には白色が主役になります。夏は夜景もあって、季節感のあふれる場所です。

平野屋さんから北方向に5分ほど歩くと、愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじがあって、その先に清滝トンネルがあります。トンネルは1車線なので信号がついています。清滝は、愛宕山登山道入り口になっていて、この日も登山服姿の人がいました。

20161106平野屋・清滝

20161106平野屋・清滝

20161106平野屋・清滝

20161106平野屋・清滝

20161106平野屋・清滝

20161106平野屋・清滝

20161106平野屋・清滝

20161106平野屋・清滝

20161106平野屋・清滝

愛宕念仏寺
20161106平野屋・清滝

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック