FC2ブログ

冬の京都 天龍寺の雪景色(庭から見える大方丈の風景)

2013年1月28日に、京都嵐山にある天龍寺に、雪景色を撮影に行きました。

大方丈には入れませんでした。本玄関・庫裡 改修工事のため、 平成24年12月10日(月)~平成26年3月末日まで 諸堂(大方丈・書院・多宝殿)の参観はできないそうです。
今年と来年の桜と紅葉の季節は、残念ながら大方丈の開いた障子の間から額縁に飾られているように見える曹源池庭園は観れません。
庭から開け放たれた障子越しに達磨図や雲龍図が見れました。この達磨図は衣笠にある等持院にもあります。等持院は室町幕府初代将軍、足利尊氏が二条高倉の等持寺の別院として、夢窓疎石を開基に迎えて建立されたそうです。夢窓疎石のつながりですね。

臨済・黄檗 禅の公式サイトのHPによると、
「天龍寺の開基は足利尊氏である。暦応2年(1339)8月、後醍醐天皇が崩御したが、その菩提を弔うため、夢窓疎石が足利尊氏に進言し、光厳上皇の院宣を受けて開創されることになった。
疎石は夢の中で中国の疎山・石頭を訪れ、そこでであった僧から達磨大師の像を預かり、「これを大切にするように」と言われる。目覚めた疎石は自分が禅宗に縁があると考え疎山・石頭から一文字ずつとって疎石と名乗り、夢の縁から夢窓と号したという」
と書かれています。

20130128天龍寺

障子を通して見ると額縁のようです
20130128天龍寺

達磨図です
20130128天龍寺

20130128天龍寺

障子を通して見ると額縁のようです
20130128天龍寺

冬の京都 天龍寺の雪景色(曹源池庭園)

2013年1月28日に、京都嵐山にある天龍寺に、雪景色を撮影に行きました。
この時間はまだ雪がちらついていて、拝観の人もまばらで世界遺産の庭をひとりじめ出来ているような気になりました。
曹源池を撮影していると、すれ違った僧侶の方から「良い写真が撮れましたか?」と声をかけられました。何かほっとした気分になりました。

夢窓疎石によるこの庭園(曹源池)は、国の史跡・特別名勝第一号に指定されているそうです。西芳寺(苔寺)も疎石の設計だそうです。
天龍寺の公式HPには、1339年に後醍醐天皇の菩提を弔うために足利尊氏を開基とし、夢窓疎石を開山として開かれたと記されていますが、嵐山を借景とした庭が現代でもそのままの姿を残していることに驚かされます。

20130128天龍寺

20130128天龍寺

20130128天龍寺

20130128天龍寺

冬の京都 天龍寺の雪景色(大方丈入口から曹源池庭園まで)

2013年1月28日に、京都嵐山にある天龍寺に、雪景色を撮影に行きました。
朝8時頃でしたが受付が開いていたので、境内に入ることができました。まだ参拝客はほとんどいなくて曹源池庭園までの庭には雪の踏み跡もほとんどありませんでした。
今まで何回かここを訪れていますが、紅葉や桜の季節に観光客で大混雑する大方丈や曹源池庭園しか観ていませんでした。
この日は大方丈に入れず、境内を通って直接曹源池庭園に行きました。人の少なさためか、雪景色のためか何かいつもの印象と異なる感じを受けました。

臨済・黄檗 禅の公式サイトのHPによると、
「曹源池は、開山夢窓疎石の作庭になる廻遊式庭園。
池の前庭には州浜形の汀や島を配し、嵐山や亀山を借景として取り入れている。白砂と緑が鮮やかである。」
と書かれています。

20130128天龍寺

大方丈の裏庭です
20130128天龍寺

大方丈をぐるっと回り込むと曹源池庭園が見えてきます
20130128天龍寺

雪の朝の静かな曹源池です
20130128天龍寺

20130128天龍寺

冬の京都 天龍寺の雪景色(嵐山商店街付近から大方丈入口まで)

2013年1月28日に、京都嵐山にある天龍寺に、雪景色を撮影に行きました。
この日、前日の天気予報で夜に雪が降ると言っていたので、朝起きたら一番に行ってみようと思っていました。前日1月27日に続いてのうっすらとですが雪景色です。この日は渡月橋、天龍寺、落柿舎と巡ってみました。かなり冷え込んでいました。

天龍寺は世界遺産に指定されています。

嵐電(京福電鉄) 嵐山駅を出るとすぐ右手に大きく「大本山天龍寺」と書かれた石塔が見えます。駐車場の入口です。総門・参道がその先にありますが、駐車場に入る道を歩いて行くと左手に塔頭の寺院が並んでいます。ここの雪景色もなかなか良い趣でした。
法堂の横を通って、鬼瓦が特徴的な庫裡の前が拝観受付となっています


臨済・黄檗 禅の公式サイトのHPによると、
「天龍寺は、京都の観光地・嵐山の、桂川中ノ島から渡月橋を渡って北へ向かう
観光客で賑やかな通りに面して門を構える。
嵐山・亀山を借景に緑豊かな境内が広がる。
観光名所の渡月橋や天龍寺北側の亀山公園なども、かつては天龍寺の境内地であったという。」
と書かれています。

しばらく天龍寺の雪景色シリーズを続けます。

大きな目印です
20130128天龍寺

20130128天龍寺

法堂前です
20130128天龍寺

20130128天龍寺

庫裡の屋根の鬼瓦とたぶん同じものです
20130128天龍寺
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック