FC2ブログ

京都の桜風景 東寺(五重塔をぐるっと回って、境内散策です)

2019年4月初旬の京都東寺の桜風景です。この日、天気が良かったのですが、まだ桜だよりで「見ごろ」となっているところが少なくて、青空に桜が映えそうなここ「東寺」を選びました。

JR京都駅の八条口から西方向に徒歩で15分ほどの場所にあります。近鉄京都線だと京都駅の次の駅が「東寺駅」なので、近鉄に乗ると少し歩く距離が短くなります。

東寺は、平安建都の際、都の南入口の羅城門を守護するためにその東に作られたお寺だそうです。(西には西寺もあったそうです)京都府のHPの紹介によると、「東寺は正しくは教王護国寺といい、平安建都の際、都の南玄関、羅城門の東に作られた。後に空海が賜り、密教の根本道場(こんぽんどうじょう)とし、今に至る」とあります。

桜と紅葉の季節には、夜間ライトアップが行われていて、五重塔が幻想的に浮かび上がりますが、今年の桜の時期は、この昼の拝観だけでした。

境内には、約200本の桜が咲いていて、どこを歩いても桜風景の見ごたえがあります。五重塔の周りもぐるっと巡ることができて、周囲は桜の花で囲まれていました。

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の桜風景 東寺(入り口から瓢箪池畔あたりまで)

2019年4月初旬の京都東寺の桜風景です。この日、天気が良かったのですが、まだ桜だよりで「見ごろ」となっているところが少なくて、青空に桜が映えそうなここ「東寺」を選びました。

東寺は、新幹線で京都から大阪方面に向かうときに、京都駅を出てすぐ左手側(南側)に五重塔が見える場所にあります。

五重塔は、高さ54.8メートルで木造塔としては日本一の高さを誇り、現在の塔は5代目で、寛永21年(1644年)、徳川家光の寄進で建てられたものだそうです。(京都の五重塔は、海住山寺、醍醐寺、法観寺(八坂の塔)、教王護国寺(東寺)、仁和寺の五つのお寺にあります)

入り口を入ってすぐの場所に植えられている「不二桜」が、ひときわ目立っています。2008年にここ東寺に移植されたそうです。
青空の下で、大きく枝を伸ばしている「不二桜」の姿は、写真撮影の対象にぴったりです。

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

20190404東寺・桜

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都 城南宮のすすき風景

城南宮は、「鳥羽伏見の戦い跡」で、明治維新を決定づける戊辰(ぼしん)戦争の発端となった場所です。慶応4年正月、都を目指す旧幕府軍が進軍を図るや、城南宮の参道に並べられた薩摩藩の大砲が轟き、鳥羽・伏見の戦いが始まりました。先日のNHK大河ドラマの西郷どんでも、そのシーンが放映されていました。

平安時代の末に、白河上皇が壮大な離宮(城南離宮、鳥羽離宮)を造営して院政を開始された地でもあります。ここ城南宮では、毎年春と秋に行われる「曲水の宴」が有名です。(庭を流れる川のほとりで、和歌を詠む、という優雅な行事です)

すすきは、平安の庭の池の奥に大きく穂を実らせていました。池の手前には紫苑も咲いていました。

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都 城南宮の神苑初秋風景

すすき見頃の情報につられて、城南祭(10月第3日曜日)の前日に、京都市伏見区中島鳥羽離宮町に位置する「城南宮」に出かけてみました。名神高速道路の京都南ICのすぐ南です。

城南祭は、HPによると、「平安時代後期から盛大に行われている歴史ある祭礼で、3基の豪華な神輿の渡御が始まり、夕刻、提灯と松明の明かりの中、神社に神輿が還御する行事です。」と書かれています。この日、神輿が飾られて、前日の行事が行われていました。

神苑(源氏物語花の庭)は、5つのエリアで構成されています、
①「春の山」エリア:椿、枝垂れ梅、三つ葉ツツジと春の草木が次々と花開く
②「平安の庭」:平安時代の貴族の邸宅、寝殿造りの庭をモデルにした
③「室町の庭」:茶道、生花、能楽などの日本文化が大成された室町時代の様式でつくられた池泉回遊式庭園
④「桃山の庭」:水を用いずに海を表した枯山水様式の庭で欧州の文化に出会い、武士が天下統一を目指した桃山時代の豪壮な気風を反映している。
⑤「城南離宮の庭」:城南宮の一帯が最も華やかであった平安時代後期の様子を表す枯山水の庭園

この日は、どの庭も初秋の景色が満載でした。

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

20181020城南宮・すすき

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

東福寺 国宝三門、青もみじ風景

東福寺は、鎌倉時代の嘉禎2年 (1236年)から、建長7年(1255年)まで実に19年を費やして開山されたそうです。

禅宗(臨済宗)京都五山(南禅寺(別格) 天龍寺 相国寺 建仁寺 東福寺 万寿寺 )の一つで、紅葉の名所として、大勢の観光客が押し寄せるお寺です。東福寺の名は、「洪基を東大に亜(つ)ぎ、盛業を興福に取る」と、奈良の二大寺(東大寺、興福寺)にちなんで名付けられたそうです。

「東福寺境内には国宝三門をはじめとする南北朝・室町期の建造物が今なお残り、その多くは国宝・重要文化財に指定されています」とHPに書かれています。

天得院の桔梗を見た後に、大きな三門をぐるっと巡って、無料で通行できる臥雲橋(がうんきょう)から、通天橋までの洗玉澗(せんぎょくかん)という渓谷の青もみじ風景をを見上げました。

紅葉景色も見事ですが、あまり人出のないこの時期の青もみじ風景も見事でした。

20180710東福寺

20180710東福寺

20180710東福寺

20180710東福寺

20180710東福寺

20180710東福寺

20180710東福寺

20180710東福寺

20180710東福寺

20180710東福寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック