FC2ブログ

京都 祇園祭(後祭)花傘巡行(2019年7月24日)の風景です。

山鉾巡行の最後尾の大船鉾が河原町御池交差点で、辻回しが終わって南に向かってすぐに、寺町御池交差点から寺町通りで待機していた花傘巡行の行列がやってきます。昨年は、猛暑のために中止となってしまいましたが、今年は無事に行われました。

1966年(昭和41年)それまで行われていた後祭の巡行が17日の前祭巡行に合流し、後祭の行事が喪失したために興されたのが、花傘巡行のはじまりだそうで、祇園祭の歴史に比べるとごく最近の行事ですが、子供神輿、婦人列の鮮やかな衣装などがあって身近なお祭りの感じがします。

花傘巡行は、八坂神社を朝10時に出発して、四条通り、寺町通り、御池通り、四条通りとぐるっとまわって12時頃に戻ります。寺町通りから御池通りに出てくるのが、11時ころです、山鉾巡行を見学してそのまま河原町御池交差点あたりにいると、この花傘巡行も同時に見ることができます。

後祭巡行見物の楽しみも2倍になっているような気がします。

20190724祇園祭・花傘巡行

20190724祇園祭・花傘巡行

20190724祇園祭・花傘巡行

20190724祇園祭・花傘巡行

20190724祇園祭・花傘巡行

20190724祇園祭・花傘巡行

20190724祇園祭・花傘巡行

20190724祇園祭・花傘巡行

20190724祇園祭・花傘巡行
スポンサーサイト



テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都 祇園祭(後祭)山鉾巡行(2019年7月24日)の風景です。

2019日年7月24日の祇園祭(後祭)山鉾巡行当日の風景です。

今年、2022年の巡行復帰を予定している「鷹山」が、大船鉾の前の順番で、193年ぶりに唐櫃(からびつ)で参加しました。再建する山車は、長さ約6m、幅約4m、高さ約15m、総重量500~600Kgという大がかりなもので、北観音山や南観音山のような鉾に近い形状になるそうです。応仁の乱以前から巡行していた由緒のある山鉾の復活で、後祭巡行はますます豪華になりそうです。

祇園祭山鉾巡行最後尾の大船鉾は、2014年から150年ぶりに巡行参加しています。前祭で最後尾を巡行する船鉾が「出陣の船鉾」であるのに対し、後祭最後尾の大船鉾は「凱旋の船鉾」と呼ばれるそうです。1864年の「蛤御門の変」で鉾の木組みや車輪などを焼失した大船鉾(おおふねほこ)は長らく「休み山」として復興を目指していたそうです。

将来山鉾巡行への参加予定の山(休み山)は「布袋山」(蛸薬師通新町東入ル)と、「鷹山」(三条通室町西入ル)で、宵山期間に御神体などを展示する居祭(居祭り)を行っています。

この日、山鉾巡行の後、花傘巡行を見学して帰りました。

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都 祇園祭(後祭)山鉾巡行(2019年7月24日)の風景です。

2019日年7月24日の祇園祭(後祭)山鉾巡行当日の風景です。

地下鉄市役所前駅に朝10時過ぎに着いて、地上出口(河原町御池交差点近く)をに出てみると、ちょうど北観音山の辻回しが終わって、河原町を南方向に進んで行くところでした。

今年の巡行の順番は、◎一番 橋弁慶山、 ◎二番 北観音山、三番 鯉山、四番 八幡山、五番黒主山 、 ◎六番 南観音山、七番 役行者山、八番 鈴鹿山、九番浄妙山 、 十番 鷹山(町内に伝わる掛け軸を唐櫃に入れての参加)、◎十一番 大船鉾(◎はくじとらずで固定です)です。

河原町御池交差点の御池通り東側から、ちょうど交差点に向かってくる巡行列を写真に撮ってみました。後祭巡行の北観音山、南観音山、大船鉾が、大勢の引手に曳かれていて、各交差点で豪快な辻回しが行われます。

浄妙山は一来法師が浄妙坊の頭上を飛び越える様を描いています、『平家物語・巻4・橋合戦』の一節だそうで、勇ましい山です。

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

20190724祇園祭後祭・巡行

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

2018年 祇園祭後祭宵々山夕景

祇園祭の後祭宵々々山(7月21日)の夕景です。

南観音山から新町通りを北に上がって、北観音山に行きました。この通りには、古い町屋が並んでいて、祇園祭の時に家の中の飾り付け(屏風や飾り物など)が公開されています。祇園祭は動く美術館と言われていて、山鉾の装飾品が豪華で見どころになっていますが、これらの屏風絵なども見ごたえがあります。前祭の時には人出が多すぎてゆっくりと見学できませんが、この後祭りの時には、一つ一つゆっくりと見ることができます。

北観音山は、後祭の2番目を行く山で「上り観音山」(のぼりかんのんやま)とも呼ばれ、明治初頭までは南観音山との交互での巡行だった、そうです。

北観音山から北に進んで八幡山に行き、その後で隣の筋の室町通りの黒主山、役行者山を見学して、この日は帰りました。

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

2018年 祇園祭後祭宵々山夕景

祇園祭の後祭宵々々山(7月21日)の夕景です。

この日、まだ日中の猛暑の暑さの残る中、四条通の北に位置する後祭の9基の山鉾の夕景、夜景を見てまわりました。

祇園祭は八坂神社の祭礼です、八坂神社は明治時代までは「祇園社」と名付けられていたことから、その祭礼が「祇園祭」と呼ばれていました。「祇園社」は八坂神社の祭神の牛頭天王が「祇園精舎」の守護神とされていたのでこの名になったそうです。
(「祇園精舎」は、インドにあり、釈迦が説法を行った古代インドの初期仏教の5つの精舎(寺院)に由来しているそうです。)

この日、新町通りを南から北に向かって歩いてみました。最初に大船鉾に行きました。大船鉾は、1864年「蛤御門の変」で鉾の木組みや車輪などを焼失した大船鉾(おおふねほこ)は長らく「休み山」となっていましたが、2014年に150年ぶりに復活して、巡行に参加しています。

その次に四条通りを渡って、南観音山に行きました。南観音山では、「厄除けのお守りはこれより出ます 明日は出ません 今晩限り ご信心の御方様は受けてお帰りなされましょう ろうそくいっちょう 献じられましょう ろうそくいっちょう どうですか」のわらべ歌を歌う子供たちの姿を見ることができます。

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

20190721祇園祭宵々々山・夕景

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク









人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
リンク
フリーエリア

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック