2018年5月15日葵祭 路頭の儀 新緑の賀茂街道風景

毎年「葵祭」の路頭の儀(ろとうのぎ)が、5月15日に行われています。「祇園祭」・「時代祭」と共に京都三大祭に数えられています。

葵祭の起源は、「今から約1400年ほど前欽明天皇の頃に凶作が続いたため、賀茂皇大神の崇敬者であった卜部伊吉日子を勅使として、4月中酉の日に馬に鈴をつけ、人に猪頭をかぶらせてこれを走らせ祭礼を行ったところ、風雨は止み五穀は豊かにみのり国民も安泰になったという。」ことが、京都市観光協会のパンフレットに書かれています。

路頭の儀は、京都御所建札門前を、朝10時半に出発して、下鴨神社には、11時半過ぎに到着 します。その後、下鴨神社を14時20分に出発して、下鴨本通、洛北高校前、北大路通、北大路橋、賀茂川堤を通って、15時半ごろに上賀茂神社に到着します。

今回待ち構えた、北大路橋から少し北に上がった賀茂川堤辺りの行列の通過時刻は15時頃でした。目の前を行列が通過し終わるまでにかかる時間は30分弱です。川岸の遊歩道を路頭の儀の行列を追いながら歩く人も大勢いて、普段の静かな賀茂川の雰囲気とは全く違っていました。

来年は上賀茂神社で待ち構えてみようと思っています。

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

2018年5月15日葵祭 路頭の儀 新緑の賀茂街道風景

もう7月になって、祇園祭の行事が始まっていて、もうすぐ前祭の巡行の日も近づいていますが、5月の「葵祭」の記事です。

毎年葵祭の路頭の儀(ろとうのぎ)が、5月15日に行われています。葵祭は賀茂御租神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭で、祇園祭・時代祭と共に京都三大祭に数えられています。

新緑の時期のこの日、毎年見学に出かけていますが、昨年を除いて、午前中の京都御苑での行列を見届けるとすぐに帰宅していました。昨年は、初めて京都御苑を離れて、下鴨神社の観覧席で行列を見学しました。今年は、上賀茂神社で、と思っていましたが、「夏娘」さんのブログで「加茂街道」がおすすめ、というコメントを頂いたので、北大路橋から少し北に上がった場所の「加茂街道」で、行列を待ち構えました。

初夏の日射しの降り注ぐ暑い日でしたが、加茂街道は道路わきの大きな木々の陰になっていて、巡行参加の方々もほっとした様子で歩いていました。

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

20180515葵祭

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

2017年5月15日葵祭(下鴨神社) 路頭の儀  斎王代列

路頭の儀の行列は、本列と斎王代列に大別され、本列は勅使代を中心にした列、斎王代列は女人列といわれ斎王代を中心にした列です。

本列の巡行が約15分から20分ほどで、続いて衣装の色が華やかになって、女人列の行列がやって来ました。大きな花傘をさしかけられた、女別当、内侍、命婦などの行列に続いて、馬に乗った騎女の列や、童女と呼ばれる子供たちの行列が続きました。
その後ろに、斎王代の腰輿がやってきました。

「斎王は、平安時代には内親王が選ばれて祭に奉仕したものであるが、現在は未婚の市民女性から選ばれるので、斎王代と称される。御禊(みそぎ)を済ませた斎王代は、五衣裳唐衣(いつつぎぬものからぎぬ)、俗に十二単(じゅうにひとえ)の大礼服装で、供奉者にかつがれた腰輿(およよ)という輿に乗って参向する。」と、HPに書かれています。

約1400年ほど、この行事を守り、支える人たちがいて、毎年、この下鴨神社では、鮮やかな新緑と女人列の衣装の色の組み合わせを見ることができると思うと、頭が下がります。

約30分ほどの行列ですが、見ごたえ満点でした。

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

2017年5月15日葵祭(下鴨神社) 路頭の儀(ろとうのぎ) 本列


葵祭は、5月3日の流鏑馬神事、4日の斎王代御禊(みそぎ)の儀、5日の武射神事、12日の御蔭祭などがあって、5月15日の当日に、路頭の儀(行列)、社頭の儀が行われます。

路頭の儀は、京都御所建札門前を、朝10時半に出発して、平安貴族の衣装を着た行列が、御苑の堺町御門、丸太町通、河原町通を通り、下鴨神社には、11時半過ぎに到着 します。

「行列は第一列(検非違使・山城使など)、第二列(馬寮使(めりょうつかい)・牛車(ぎっしゃ)など)、第三列(舞人・近衛使など)、第四列(陪従(べいじゅう)・内蔵使など)からなる本列に、斎王列が続きます。全行列が到着後、下鴨神社社頭では、社頭の儀(神馬の「牽馬(ひきうま)」、「舞楽(ぶがく)」、「東游(あずまあそび)」、「奉幣(ほうへい)」)が行われますが、見学にはチケットが必要です。

その後、下鴨神社を14時20分に出発して、下鴨本通、洛北高校前、北大路通、北大路橋、賀茂川堤を通って、15時半ごろに上賀茂神社に到着します。(来年は、上賀茂神社に向かう行列を見学しようと思っています)

全行程で8Kmほどあるので、初夏の日差しの強い時、途中から小雨模様の時など、子供を含む参加者は大変です。(はっきりとした雨天の場足は翌16日に順延となります)

この日、下鴨神社の糺の森の新緑に降り注ぐ陽射しと行列の色が鮮やかでした。

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

2017年5月15日葵祭(下鴨神社) 路頭の儀 到着前の新緑風景

毎年葵祭の路頭の儀(ろとうのぎ)が、5月15日に行われています。

葵祭は賀茂御租神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭で、祇園祭・時代祭と共に京都三大祭に数えられています。祭りの起源は、「今から約1400年ほど前欽明天皇の頃に凶作が続いたため、賀茂皇大神の崇敬者であった卜部伊吉日子を勅使として、4月中酉の日に馬に鈴をつけ、人に猪頭をかぶらせてこれを走らせ祭礼を行ったところ、風雨は止み五穀は豊かにみのり国民も安泰になったという。」ことが、京都市観光協会のパンフレットに書かれています。

歴史のある行事です、初夏を感じる5月に、新緑の中を進む行列は、真夏の祇園祭、10月の時代祭とは全く違った風景です。

今年初めて下鴨神社の観覧席のチケットを手に入れることができて、「新緑の下鴨神社」で行列を見学することができました。
毎年4月初旬の発売直後でも、オンライン予約が完売になっていて、今年もだめでしたが、たまたまコンビニのチケット販売で、ゲットすることができました。(京都御苑は、観覧席が多いせいか、たぶん当日でも大丈夫でしょうが、下鴨神社のチケットの入手はたぶん発売直後でないと無理です)

この日、快晴で、新緑が鮮やかでした。

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック