FC2ブログ


京都の紅葉 妙心寺・桂春院(境内)

桂春院は、慶長3年(1598年)に織田信忠(織田信長の長男)の2男・織田秀則(津田秀則)が水庵宗掬(すいあんそうきく)を開祖として見性院(けんしょういん)として創建され、その後慶長年間(1596-1615)美濃の豪族石河壱岐守貞政が父の菩提を弔うため、桂南和尚を請じて創建された。名前の由来は、父の法名「天仙守桂大禅定門」・母の法名「裳陰妙春大姉」から1文字ずつをとり桂春院と改めた。と書かれています。

庭園(名勝・史跡)は江戸時代の作庭で、書院、方丈に囲まれた壺庭の清浄(しょうじょう)の庭、茶室 既白庵に通じる侘(わび)の庭、方丈の東側に広がる思惟(しい)の庭、方丈南側の真如(しんにょ)の庭の4庭があり、それぞれ趣が異なっていて、庭を見ながらのんびりとくつろげます。方丈から下駄を履いて、境内に降りることもできて、建物を外から見ながら散策をすることができます。

方丈に敷かれた毛氈の朱色も鮮やかでした。

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の紅葉 妙心寺・桂春院

妙心寺(みょうしんじ)は、京都市右京区花園にある臨済宗妙心寺派大本山の寺院で、広大な敷地に40寺あまりの塔頭を持つお寺です。「妙心寺 紅葉」で検索すると、退蔵院、大心院とともに、桂春院も出てきます、退蔵院、大心院には行ったことがあったので、この日、桂春院に初めて出かけてみました。

かつて、妙心寺の地には、花園上皇の花園御所(離宮萩原殿)があり、法皇となった花園上皇が関山慧玄を招いて、1337(建武4)年に、その離宮を禅寺に改めた、と書かれています。この広大な境内を出て北方向に約1kmほどの場所に位置する石庭で有名な龍安寺も塔頭の一つです。

境内の塔頭は非公開寺院が多くて、通年拝観をしている退蔵院、桂春院、大心院以外は特別公開以外は中には入れませんが、ずらっと並ぶ塔頭をつなぐ参道脇から、白壁沿いに見れる紅葉景色は見ごたえがあります。散歩のついでに毎年見に来ています。この日、境内を巡ってから桂春院に行きました。

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

2018127妙心寺桂春院・紅葉

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の紅葉 西陣 妙顕寺(ライトアップ)

11月25日の昼と夜に、妙顕寺、本法寺の紅葉を見に行きました。日中に、妙顕寺境内、本法寺境内と堂内、そして夜に妙顕寺のライトアップを見ました。

昨秋も土曜日の25日にライトアップの見学に来ていました。11月23日(勤労感謝の日)の前後が紅葉真っ盛りで、京都の紅葉名所はどこも大混雑ですが、ここ西陣のお寺は、静かな紅葉見学ができる場所です。

妙顕寺には、本堂の庭園として「四海唱導の庭」、「光琳曲水の庭」、「竹の坪庭」があり、それぞれがライトアップされていました。また、部屋の中でインスタ映えするような撮影ができるように、飾りも設えられていて、みなさんシャッターをきっていました。また、本堂の周囲も巡ることができて、境内のライトアップも縁側から眺めることができました。

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

20181125妙顕寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック