新緑の京都山科 勧修寺(氷室池と新緑と初夏の花々)

勧修寺は、真言宗山階派大本山、醍醐天皇の勅願寺で900年(昌泰3)天皇の生母藤原胤子追善のため創建されていて開基は承俊律師です。(少し歴史を調べてみると、醍醐天皇は、菅原道真を大宰府へ左遷させた本人で、その後、大宰府で道真が死去すると、都では異変が立て続けに起こり、 「道真の祟りが...」ということで、左遷を取り消しています)

庭園には、氷室(ひむろ)の池があり、花しょうぶ、かきつばた(たぶん)など色鮮やかな花が咲いていました。平安時代には1月2日にここに張った氷を宮中に献上してその厚さによって五穀豊穣を占ったと言われている、そうです。

池の脇には遊歩道があるのですが、進んでいくと途中に「この先に行かれるのはご自由ですが、大いに危険です」という看板があって、少し逡巡しましたが、先に行ってみました。池越しに見える新緑の風景はなかなか鮮やかでした。桜、新緑、と続くと、今年は秋の紅葉の時にも来たいと思っています。

山科は、京都市街よりもその歴史が古く、奈良時代の天智天皇の時代から開かれていました。この日、勧修寺から隋心院にも行ってみました。

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

新緑の京都山科 勧修寺(境内)

勧修寺は、JR京都駅から、伏見稲荷の稲荷山を越えて南東方向に約7Kmほどに位置していて、京都市営地下鉄小野駅から徒歩5分ほどの場所にあります、山門へ至る参道の両側には白壁の築地塀が続き、山門を入ると手前から宸殿、書院、五大堂、本堂などの建物が並んでいます。

書院前庭には水戸光圀寄進と伝える石灯籠があり、勧修寺型灯籠として知られているそうで、その場所からは、観音堂、京都庭園の中で最高の高さを誇る千年杉などを眺めることができます。

今年、満開の桜の時期の夜に初めて拝観して、日中の新緑の時にも、と思ってGWの連休中に来てみました。観光客もそう多くなく、静かな雰囲気の境内でした。

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

20180504勧修寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

新緑の日本三大天空の城「越前大野城」

GW期間中に福井県大野市に行ってきました。

福井県大野市は、県の東部に位置し、石川県、岐阜県と山脈を隔てて接しています。JR越美北線(九頭竜線)越前大野駅が中心駅で、市街地は、かつての城下町の面影を強く残し、越前の小京都として知られています。

越前大野城は、天正4年頃(1576年)、織田信長より大野郡のほとんどを与えられた金森長近により、大野市の中心部にある亀山(標高:249m)に4年の歳月をかけて築城されました。2層3階建の大天守、2層2階の小天守、二の丸、三の丸があり、外堀・内堀もあります。

最近、日本三大天空の城の一つとして注目を集めています。(残りの2つは、竹田城跡(兵庫県朝来市)、備中松山城(岡山県高梁市)です)この日、城の周囲には芝桜が満開でした。

「天空の城 越前大野城」の天守閣のビュースポットは、越前大野城から約1kmに位置ずる犬山(戌山(いぬやま) 標高324m)の頂上近くにあります。 山の入り口から徒歩20分ほどでビュースポットへ行けます。雲海が無くても、天空の城の雰囲気は味わえました。

20180501越前大野城

20180501越前大野城

20180501越前大野城

20180501越前大野城

20180501越前大野城

20180501越前大野城

20180501越前大野城

20180501越前大野城

20180501越前大野城

20180501越前大野城

テーマ : 史跡
ジャンル : 旅行

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック