FC2ブログ


京都の紅葉 洛西善峯寺(釈迦堂あたりから薬師堂まで)

11月11日に、紅葉が見頃となっていた洛西善峯寺に行きました。広い境内で色鮮やかに紅葉が色づいていました。

桜・あじさい苑を見渡すことのできる幸福地蔵の場所を経由して、釈迦堂に進み、坂道をたどって薬師堂まで行きました。釈迦堂から薬師堂への入り口のようになっている稲荷社の近辺の紅葉が、秋の日射しを浴びて見事でした。

善峯寺の位置する大原野は竹取物語の舞台とも伝わり、奈良春日大社から勧請された大原野神社、西行ゆかりの花の寺勝持寺、今昔物語にも登場する山寺金蔵寺、在原業平伝説のある十輪寺、など沢山の見どころがあり、桜、紅葉の名所でもあります。

善峯寺境内の奥の院薬師堂への道に入ると、展望が開けてきて、京都南部の市街を見晴らすことができます。特に薬師堂の前からの眺望は素晴らしいです。入り口の山門を入ってから、かなりの勾配を登るので、薬師堂下に見晴らしの良い休憩所があり、皆さん休んでいます。

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の紅葉 洛西善峯寺(山門から桜・あじさい苑まで)

11月11日に、紅葉が見頃となっていた洛西善峯寺に行きました。広い境内で色鮮やかに紅葉が色づいていました。

善峯寺は、JR京都駅から見て南西の方向の京都市西京区の小高い山を登ったところにあります。西国三十三所第20番札所で、
桜、あじさい、紅葉の名所として知られています。最寄り駅は、阪急電車 長岡天神駅またはJR向日町駅で、タクシー約20分 あるいは阪急バスで善峯寺下車です。

今まで、桜、新緑、あじさい、そして今年の10月の初秋の秋明菊の時に来ていましたが、紅葉の時期は初めてでした。善峯寺に行くバスは1時間に1本なので、交通の便はあまりよくありません、車かタクシーが時間を気にせずに行けます。

この日、快晴の下で山門横の大きなもみじの木が紅葉していて、駐車場からでも、見上げる青空の中に映える風景が見事でした。拝観入り口の山門から、その先の広い境内いっぱいに紅葉景色が広がっていました。

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

20181111善峯寺・紅葉

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の紅葉 嵯峨野二尊院・広沢の池 

11月10日に、紅葉が一部見頃になっていたので、嵯峨野の北に位置する二尊院に行ってみました。今年は、桜の時期、初秋の藤袴の時期に続いて3回目です。

二尊院は、「承和年間(834-48)慈覚大師円仁が開基。応仁・文明の乱のあと法然の弟子湛空が再興。総門は伏見城の遺構と伝える薬医門。広い参道は「紅葉の馬場」と呼ばれる。」そうです。

総門入口から約200mほどまっすぐ本堂の白塀に続く「紅葉の馬場」は、一部見頃でしたが、本堂前の庭のもみじで、色づいていた木があり、秋の雰囲気を味わうことはできました。ちょうど一か月ほど前の初秋の藤袴の時期に比べると、秋が進んでいることを感じました。

二尊院からの帰り道の広沢の池端で、ちょうど紅葉が夕陽を浴びていました。

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

20181110二尊院・広沢の池

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック