京都の中心六角堂

六角堂は、烏丸通と六角通の交差点から少し東に入ったところにあります。御池通、四条通の商店街にちかいところです。
昔からここが京都の真ん中といわれ、その証拠品という「へそ石」が境内にあります。本堂が六角の建物なので六角堂と呼ばれ、華道家元・池坊でも知られているそうです。

池坊のHPに書かれている六角堂の案内には、
「聖徳太子が創建したという寺だが、六角堂の北面に、太子が沐浴されたと伝えられる池跡があり、この池のほとりに小野妹子を始祖と伝える僧侶の住坊があったので「池坊」と呼ばれるようになりました。池坊の祖先は、朝夕宝前に花を供えてきましたが、ついには代々いけばなの名手として知られるようになり、いけばながひろがりました。」
と書かれています。

もう、はるか昔の中学の時の修学旅行でこの近くのホテルに泊まり、「へそ石」を見に来たかすかな記憶があります。それ以来です。

20150720六角堂

20150720六角堂

20150720六角堂

20150720六角堂

20150720六角堂

20150720六角堂

20150720六角堂

20150720六角堂

へそ石です
20150720六角堂

20150720六角堂

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

No title

こんばんは。
六角堂 真横には池坊のビルって不思議な空間ですよね 
けど私 何や好きな空間なんです ^^ 

池!?大きな水槽、、、プール!?
白鳥居ませんでしたか、、、
手お出さないで下さい噛みますって 
注意書きされた白鳥が (≧▽≦)  

Re: No title

夏娘 様

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

いました、いました、噛まれますよの、白鳥が。のんびり泳いでいました。

私にとって半世紀近い時を経ての訪問でした。
かすかな記憶では、こじんまりとしたお寺だったのですが、
記憶とはやや違って、街中の立派なお寺でした。

確かに横の池坊のビルと、池と、お地蔵さんと、へそ石と、六角堂のとりあわせが
新鮮な感じで、何か他の京都の寺社とは違う感じでしたね。
「池坊の祖先は、朝夕宝前に花を供えてきましたが、ついには代々いけばなの名手となった」、という話は
できすぎのような気もしますが、本当とも思える空間ですね。

また、よろしくお願いします。
非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック