京都 祇園祭(前祭)山鉾巡行前日の昼の風景です。(放火鉾)

2014年7月16日の祇園祭(前祭)山鉾巡行前日の昼の風景です。

今年の祇園祭は、「前祭」と「後祭」に49年ぶりに分かれました、何回も書きましたが楽しみが二回になり、何か得をしたような気がします。
四条新町交差点近くの放下鉾を今までも何回か日中見学していましたが、今年はこの鉾の中に誰でも無料で入ることができました。入り口で、「どうぞ中へ」と声をかけてくれました。玄関を上がり、二階に飾られている懸装品を鑑賞して、梯子段の通路から鉾の中に入ってみました。前後の提灯越しに見る道路の風景が風情がありました。一度、巡行の時に鉾の中から外を見てみたいです。
放火鉾は「鉾の名は真木のなかほどの「天王座」に放下僧の像を祀るのに由来する、そうです。「放下」は禅語で、執着や煩悩などの一切を捨て去ること、謡曲"放下僧"は、放下僧の仇討ちを題材にして室町時代に書かれたものです。この鉾も其の頃からなのでしょうか?

20140716祇園祭(前)放下鉾

20140716祇園祭(前)放下鉾

20140716祇園祭(前)放下鉾

20140716祇園祭(前)放下鉾

20140716祇園祭(前)放下鉾

20140716祇園祭(前)放下鉾

20140716祇園祭(前)放下鉾

20140716祇園祭(前)放下鉾

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

はじめまして

コメント、はじめまして。いつもお世話になっております、つねまると申します。
知識の裏付けのある貴記事に、勉強させていただいております。特に祇園祭の記事は、(面倒でテレビ鑑賞専門でして…)現場の雰囲気と細かいご説明が興味深く拝見しております。

放下僧といえば、小謡でしょうか。面白の花の都や、筆に書くとも及ばじ…。
独特のリズムと節が面白いです。

Re: はじめまして

こんばんは、つねまる様、はじめまして。
ご丁寧なコメントありがとうございます。

全く知識の裏付けはありませんが、何とか勉強しながら書き綴っています。

戦国時代を追いかけて日本の歴史について書かれておられる貴ブログを楽しみに読ませていただいています。
放下僧についても実はあまり詳しく知りませんので、
放下鉾や謡曲をこれからさらに調べてみようと思っています。

これからもいろいろとご教示よろしくお願いします。

お邪魔します。

長月になりましたですねぇ。
九月のご挨拶です。

https://www.youtube.com/watch?v=qznwzKf--RA

https://www.youtube.com/watch?v=JDZ5gAU-0F8

では、また後日で茣蓙居ます。

Re: お邪魔します。

季節のご挨拶いつもありがとうございます。

秋がすぐ目の前ですね。

春夏秋冬それぞれの季節が近づくと、
それぞれの楽しみを心待ちにします。

また、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック