京都二条城の唐門です

唐門開通日の8月28日に行きました。昼ごろ到着しましたが、特にイベントなどは行われてはいませんでした。金色と原色の飾りつけの色が鮮やかに輝いていました。
「二条城二の丸御殿唐門・築地保存修理工事完成及び唐門開通について―菊紋の下に隠された葵の御紋―」と書かれた資料を事前に見て、興味を持って行ってみました。その資料には、
「徳川家の城であった二条城は慶応3年(1867)十五代将軍慶喜の大政奉還により,一旦朝廷の管理下となり,京都府,陸軍省と所管が移った後,明治17年(1884)宮内省の所管となりました。葵紋から菊紋への改装の時期は定かではありませんが,城の主人が天皇家に変わった明治中頃に実施されたと考えられます。江戸時代から明治時代へ。激動の歴史をその身に刻む唐門を,保存修理工事完成の機会に是非御覧ください。」
と書かれています。城内には、徳川慶喜が大政奉還を発表した二の丸御殿大広間一の間もあり、幕末の時代を感じることができます。

20130831二条城

20130831二条城

20130831二条城

20130831二条城

20130831二条城

20130831二条城

20130831二条城

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック