皐月の京都 新緑の智積院(講堂、庭園です)



2013年GWに京都国立博物館「狩野山楽・山雪展」を鑑賞してから、近くの智積院を訪ねてみました。智積院には長谷川等伯一門の国宝障壁画があります。
金堂、明王殿あたりを散策した後で、拝観受付をしました。入口を入るとすぐ右手に「収蔵庫」があります。中には国宝に指定されている金碧障壁画「楓図」「桜図」「松と葵の図」「松に秋草図」等があります。写真撮影禁止なので残念ながら中は紹介できません。
講堂の廊下につり下げられた五色の色鮮やかな垂れ幕が風にたなびいて印象的でした。仏教的に五色の五に意味がありそうですが、なにやら難しそうです。講堂に入る前に小さな庭がありました。 「利休好みの庭」と伝えられているそうです、きわめて質素な感じを受けました。
利休といえば秀吉との確執を思い浮かべながら、この智積院を巡ると金碧障壁画と庭の対比が何か歴史を感じさせてくれました。(私の勝手な思い過ごしかも知れません)

講堂入口です
20130502京都智積院

20130502京都智積院

20130502京都智積院

利休好みの庭です
20130502京都智積院

20130502京都智積院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック