三十三間堂通し矢風景(大的全国大会)

2013年1月13日、10時半過ぎ頃に三十三間堂に着きましたが、この日は三十三間堂が無料公開されていることもあってか大勢の人で大混雑でした。
通し矢の見学は場所が狭いこともあって、見学者の頭越しにかろうじて射手を見ることが出来ましたが、ゆっくりと見ることは出来ませんでした。

堂内の国宝千手観音座像、重文千体千手観音立像の前は、通り抜けることもできないほど混雑していましたが、なんとか三十三間堂内を通り抜けて、
途中「楊枝(やなぎ)のお加持」という行事を受けることができ、「観音様の浄水」を楊枝(やなぎ)で注いでいただき、無病息災・厄除開運のご利益を授けていただきました。
今年は良いことがあるかな?


三十三間堂のHPによると、
「通し矢」は、お堂西縁から120メートルの距離を弓で射通し、
その矢数を競ったもので、矢数をきめて的中率を競う「百射、千射」等があり
....
夕刻に始めて翌日の同刻まで、一昼夜に何本通るかを競うもので、
...
尾張、紀州の二大雄藩による功名争いは人気に拍車をかけ、
京都の名物行事になりました。
と書かれています。

平清盛が建てたとされる三十三間堂で、そんな歴史を感じながら通し矢を見るのも趣があります。

通し矢の出場者が記念写真を撮影していました
20130113通し矢

20130113通し矢

見物のテントは満員でした
20130113通し矢

20130113通し矢

人ごみの中、人気を集めていました
20130113通し矢

出場待ちの選手です
20130113通し矢

Comment

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック