師走の京都 雪の龍安寺石庭(動画)

2012年12月10日の雪の龍安寺です、この時期としては珍しい雪でした。
朝10時前に山門に到着して、拝観券を購入してまだ人出が少なかったので、急いで方丈に向かいました。
石庭の前の縁側には数名の人しかいなくて、縁側中央に座ってゆっくり石庭を眺めてみました。
春の桜や秋の紅葉とはまた違った趣がありました。

紹介パンフレットには、
「この石庭は、東西25メートル、南北10メートルの空間に白砂を敷き詰め、15個の石を配置したものです。
極端なまでに象徴化されたこの石庭の意味は謎に包まれており、見る人の自由な解釈に委ねられています。」
と書かれています。

修学旅行の学生が、この15個の石を一所懸命数えていました。なかなか難しいようです。
数を気にするより、庭全体の雰囲気を味わうのが良さそうです。観光シーズンを外した時期の朝早くに訪れることをおすすめします。



紹介パンフレットには、鏡容池については、
「かつてはおしどりが群れ遊んだところからおしどり池と呼ばれた、
石庭鑑賞後のひとめぐりも、何がなしほっと心が和むのを覚えるのは、水の効果というものだろう」
と書かれています。

広い境内の参道脇には、桜、もみじ、楓、銀杏など沢山の木々があり、また鏡容池沿いに四季折々の花も咲きます。
石庭を見たあとで、散策路を巡って鏡容池の奥の休憩所で池を見ながらのんびりするのもおすすめです。
この日は雪の舞い散る「龍安寺」を満喫しました。

Comment

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック