文月の京都嵯峨野 大覚寺大沢の池の新緑が鮮やかでした


大覚寺のホームページに
「平安時代初期に嵯峨天皇は、嵯峨野に離宮嵯峨院(現在の大覚寺)を造営されました。
その際、唐(現在の中国)の洞庭湖をモデルに、「庭湖」と呼ばれる
日本最古の人工池(林泉)のある庭園をつくられました。
周辺の山の高さ、木々の配置など、池を取り巻く背景が、
まるで観月のために用意されているかの様に絶妙な調和を創り上げています。
旧暦の8月15日が中秋の名月にあたり、大沢池を中心に「観月の夕べ」が催されます。
「観月の夕べ」は9世紀初め嵯峨天皇が大沢池に船を浮かべて文化人と共に遊ばれた
ことが始まりだと言われています。期間中は古式にのっとり
大陸風の龍頭舟、鷁首舟を浮べ、お茶席が設けられ、琴を奏で、
平安の王朝絵巻さながらに優雅なひとときが繰り広げられます。」
と書かれています。
これが大沢の池です。

大沢の池は約15分程度で一周できますが、途中の景色が素晴らしく、のんびりカメラを構えながら歩くと小一時間はかかります。
朱色の多宝塔を対岸から眺める風景は、そうだ京都に行こう、でも紹介されています。
桜の季節には池の周囲が桜で覆われます。

20120709daikakuji

20120709daikakuji

20120709daikakuji

Comment

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック