京都洛西 地蔵院の境内の新緑が鮮やかでした(動画その2)

京都 洛西 地蔵院 の青もみじが見どころと、京都市観光協会のWebに出ていたので、6月18日に行ってみました。

竹の寺と言うだけあって、入口手前からの竹林は見事でした。とくにこの時期、青々とした大きな竹が風にそよぐ様は写真の好材料になります。
一般道から鬱蒼とした竹林の中を進むと、門があります。そこで、拝観料を支払って中に入ります。中も鬱蒼とした竹林の坂道が続きます。
本堂前を右手に進むと、苔と木々の青々とした道が方丈に続いています。方丈の中はさほど大きくなく、細川家との所縁の写真などが飾られていました。
観光客も少なく、のんびりと散策したい人にはおすすめのお寺です。

入り口でもらったパンフレットに
「南北朝時代に、室町官領の細川頼之公が、宗鏡禅師を招請して伽藍を建立された。これが現在の地蔵院で、
宗鏡禅師は、恩師夢窓国師を開山に仰ぎ、自らは第二世となられた。
以後、当次々と伽藍を建立し、末寺二十六寺数える一大禅利となったが、応仁の乱にあい諸堂悉く消失してしまった。
しかし、皇室の深恩と細川家の援助等によりほぼ旧に復し」
と書かれています。

Comment

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック