松尾大社の満開の山吹(動画)

2012年4月28日の松尾大社です。
京都 醸造の神様 でWeb検索すると、松尾大社と梅宮大社がヒットします。
どちらも、大きな酒樽が並べられて飾られています。
京都の名水で知られるここ松尾大社の「亀の井」の水を醸造の時に混ぜると酒が腐らないと、いうことも書かれていました。

一ノ井川を流れる水もきれいなのでしょう、川岸に群生する山吹のやまぶき色が鮮やかでした。
やまぶき色をあらためて調べてみると、黄金に輝く大判、小判もやまぶき色というようです。
花言葉は、「気品」「崇高」「待ちかねる」です。

山吹を調べていたら、昔聞いたことのある大田道灌の話に出会いました。
大田道灌が鷹狩りの途中でにわか雨にあい、近くの農家で簑を借りようと立ち寄った。
少女が出て来て、無言のまま黄色い山吹の枝を差し出した。
道灌には、その意味がわからなかったが、あとで
「七重八重、花は咲けども山吹の、実の〈簑〉一つだになきぞ悲しき」
という古歌で返答したのだとわかる。
花が咲いても実のつかない山吹にたとえ、「家が貧しくて簑さえ持ち合わせない」と、断られたのだ。
農家の少女の教養に、驚かされます。

Comment

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック