如月の京都 雪の嵐山渡月橋-阪急嵐山駅側から

2012年2月18日の京都嵐山渡月橋の雪景色です。

阪急嵐山駅は、阪急京都線の桂駅で嵐山線に乗り換えて、3駅目です。
嵐山線は単線で、桂駅から上桂駅、松尾駅と進んで終点が嵐山駅です。

桂駅の近くには「桂離宮」があります。
桂離宮の近くに創業明治16年の和菓子屋「中村軒」があります。
麦代餅(むぎてもち)が有名です。夏になるとかき氷を食べる人も多くなるようです。

上桂駅、松尾駅からは「西芳寺(苔寺)」、「華厳寺(鈴虫寺)」、「地蔵院(竹の寺)」に行けます。

阪急電鉄のHPによると、
「 穏やかに流れる西芳寺川を渡ると、
かぐや姫竹御殿(要予約)、池大雅美術館(水曜休館)といった見どころがあります。
この美術館からさらに西へ進むと、 通称“苔寺”で知られる西芳寺が あります。(拝観要予約)
この 寺院の池泉回遊式庭園は、 京都の数ある名庭の中 でもとくに名高く、
一面を苔が覆う静謐な美しさには思わず溜め息が漏れるほどです。
西芳寺は行基が建立した四十九院のひとつの“西方寺”が前身。後に法然が改宗し、
さらに夢窓疎石によって禅宗の道場として再興しました。庭園は、このときに造営されたものです。
また、慶長年間に千少庵により再興された茶席の「湘南亭」は国の重要文化財に指定されています。
かぐや姫竹御殿前の石段を登り、“竹の寺”の名で知られる地蔵院を巡り...」

「月読神社から最福寺谷ヶ堂の横を通り、通称“鈴虫寺”で知られる華厳寺へ。
この道中には東海自然歩道の道標や、一息入れるのにぴったりな喫茶店などもあり、
ウォーキングには理想的なコースです。
参道に当たる竹林に沿った石段を登ると、京都市街の景色を一望できる見晴らしの良い境内が広がります。
お堂の中では数多くの鈴虫がガラスケースで飼育され、一年中、その美しい鳴き声を聞くことができます。
また、和尚の鈴虫にまつわるユニークな説法も興味深く、
噂を聞きつけた若い世代の参拝客が遠方から訪れるそうです。
華厳寺はその名のとおり、江戸時代中頃に華厳宗再興のために建立された寺院ですが、
のちに改められ、臨済宗に属しています。 」
と書かれています。

松尾駅の前には、「松尾大社 」があります。
 松尾駅を降りると、高さが14mもある、巨大な朱塗りの鳥居が目に飛び込んできます。松尾大社は駅の西側。山手のほうへ歩いてすぐのところにあります。ここは京都最古のお社のひとつに数えられ、平安時代には、京都の北の地域を支配した賀茂氏の氏神である下鴨・上賀茂両神社とともに、王城鎮護の神として崇拝されていました。本殿は松尾造りと呼ばれるもので、男神像二体、女神像一体ともに重要文化財です。また、重森三玲氏による松風苑は「磐座の庭」「曲水の庭」「蓬莱の庭」の三つからなるもので、いずれも自由に見学することができます。
 この神社がある西山一帯は名水の里として有名で、既に室町時代には酒の神様として敬われていたそうです。境内奥の「亀の井」の水は延命長寿の誉れも高く、醸造の際にこの水を加えると酒が腐らないといわれ、多くの酒造業者から厚い信仰を集めています。

このあたりを徒歩で巡るだけでも、一日たっぷりかかります。

Comment

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック