新緑の京都 鷹峯光悦寺(参道から光悦垣)

光悦寺は、江戸初期、本阿弥光悦が1615年(元和1年)に、徳川家康から与えられた鷹峯の地に草庵を結び、法華題目堂を建てたのが起こりです。光悦の死後に屋敷は寺(日蓮宗)となりました。

本阿弥光悦は、江戸時代初期の書家、陶芸家、芸術家で、俵屋宗達、尾形光琳とともに、琳派の創始者とされています。琳派(りんぱ)とは、桃山時代後期に興り近代まで活躍した、同傾向の表現手法を用いる造形芸術上の流派で、尾形光琳・乾山兄弟によって発展したと伝えられています。

境内には、光悦垣と呼ばれる、竹を斜めに組んだ垣根があります。徐々に高さの変る独特の姿が特徴で、ら臥牛(ねうし)垣とも呼ばれています。

数年前に紅葉の時期に一度だけ訪れたことがあって、久しぶりでした。新緑が鮮やかな参道・境内でした。

20170521光悦寺

20170521光悦寺

20170521光悦寺

20170521光悦寺

20170521光悦寺

20170521光悦寺

20170521光悦寺

20170521光悦寺

20170521光悦寺

20170521光悦寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

No title

こんにちは。

新緑の光悦寺 綺麗ですね ( *´艸`) 
何度か訪れてますが 決まって紅葉の時期でした 
そうなんですよね 紅葉が綺麗な所は新緑も綺麗 
良いの見せて頂きました 新緑行きたくなりました (*´▽`*) 

Re: No title

夏娘 様

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

そうですね、新緑の光悦寺 よかったです。

私も昔、紅葉の時に訪れただけだったので、どんな景色なのか忘れていました。樹木に覆われた参道が思いのほか雰囲気がありました。

新緑・濃緑の時期は長いので、ぜひ一度行ってみてください。 

また、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック