京都の桜 嵯峨野大覚寺 華道祭の日(五大堂から眺めた大沢の池の桜)

2017年4月8日、京都嵯峨野大覚寺華道祭の日の風景です。(もう5月ですが、桜風景はまだしばらく続けます)

五大堂の広縁から、大沢の池の桜が一望できます。この広縁は、9月の観月の夕べの時にも、満月を見ることのできる特等席です。広い大覚寺の回廊を巡りながら、襖絵、庭、などを見て、この場所に着いて、大沢の池を眺めると、京都に来たという実感を受ける場所でもあります。大沢の池は、日本最古の人工の林泉(林や泉水などのある庭園)です、大覚寺は平安時代に嵯峨天皇の離宮として創られているので、この境内と池をデザインして、施工した当時の技術に感嘆します。

この日、ちょうど五大堂の広縁に着いた頃に、小雨が降ってきていました。五大堂から、庭に出て、広沢の池の周囲を巡ることができます。何か行事があるときには、古都の雰囲気を味わいながら半日はのんびりと過ごせる場所です。勅使門横のしだれ桜はまだ咲き始めでした。

これからの大きな行事として「宵弘法(8月20日の夜に大沢の池で嵯峨の送り火として組み上げられた大きな松明に火が灯されます)」、「観月の夕べ(9月の月見の行事で、コンサートも行われます)」、「嵯峨菊展(11月の紅葉の季節にあわせて広い境内に可憐な嵯峨菊が飾られます)」、「真紅の水鏡(嵯峨菊展の時期に紅葉のライトアップが行われます)」などがあります。

20170408大覚寺

20170408大覚寺

20170408大覚寺

20170408大覚寺

20170408大覚寺

20170408大覚寺

20170408大覚寺

20170408大覚寺

20170408大覚寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

No title

おはようございます!
広々としているところですね、
桜も綺麗♪

Re: No title

ジャム 様

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

そうですね、大覚寺は建物の中にも回廊があり、境内には大沢の池もある、広大なお寺です。
桜、新緑、紅葉、雪景色と美しい場所です。そして、嵯峨の送り火や、観月の夕べなど伝統行事も行われています。
機会があれば、ぜひ一度お越しください。

また、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック