新緑の京都 「半木の道」

もう、6月も後半ですが、新緑シリーズを続けます。5月17日の快晴の日に、新緑の撮影で府立植物園から賀茂川べりにある「半木の道」に行きました。

「半木の道」は、北大路橋から北山大橋の東岸にある桜の名所です。このあたりは、京都を舞台としたTVドラマ(京都地検の女や科捜研の女などなど)の撮影もよく行われているところで、どこかで見た風景のように感じる人も多いと思います。

この日、新緑が鮮やかでした、桜の季節以外は人通りも少なく、散歩をする人、ジョギングをする人、くらいだけで、のんびりと川を見ながら土手を歩ける道です。土手を下りた川の岸が遊歩道となっているので、そこを自転車でのんびり走る人もいます。

20160517半木の道

20160517半木の道

20160517半木の道

20160517半木の道

20160517半木の道

20160517半木の道

20160517半木の道

20160517半木の道

20160517半木の道

20160517半木の道

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

気持ちよさそう♪

こんにちは。いつもお世話になっております。
うわぁー♪新緑と流れるお水、最高ですね!

京都が羨ましいのは、季節を感じる気持ちのいいお散歩コースがふんだんにあるところ。
友人ととりとめのない話をしながらぼちぼち歩いたり、ちょっと早足でウォーキングしたり。いいですね。
人工の土手でも自然に見えるところがまたいいですねー。

梅雨空の続くなか、とても清々しくなりました。
ありがとうございました。

Re: 気持ちよさそう♪

つねまる 様

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

そうですね、賀茂川の新緑と清々しい川の流れは、快晴の中最高でしたね。

賀茂川べりに住んでいたら、四季の川景色がまるで庭のように楽しめますね、しかも川沿いの道で、五条通あたりから、上賀茂神社まで半日かけてのんびり散歩もできますね。我が家は遠いのですが、また、天気の良い時に歩いてみることにします。

また、よろしくお願いいたします。




No title

良い景色で緑もすてきです。
心地よさが伝わってきますね。

Re: No title

ジャム 様

お忙しい中、いつもご訪問、コメントありがとうございます。

そうですね、賀茂川の川沿いは気持ちが良いですね。
しかも、四条通の繁華街のあたりから、川歩きがずっとできるところです、半日京都でのんびりすることができたら、ぜひ川を上って歩いてみてください。桜の季節と、新緑の季節と、紅葉の季節がおすすめです。

また、よろしくお願いいたします。

時候の挨拶に參上

こんにちは!!で茣蓙居ます。
水無月晦日であります。
申年の折り返しです。

http://www.youtube.com/watch?v=fHmqcgnlysI

http://www.youtube.com/watch?v=aMCzBxP_Ryk

では、また。。。。

No title

こんばんは^^
とっても懐かしい風景です
小学生の頃 ずっとこの川沿いを歩いて
三条まで歩いたり。
川ってどんどん汚れていったりしますが
賀茂川は小さいころと同じようなお水の流れです
変わらないって素敵ですね^^

Re: 時候の挨拶に參上

紋狗 悠之輔 様

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

そうですね、早いですねもう半年が過ぎてしまいましたね。

雨の唄は、風情がありますね、実際の雨もしとしと程度で終わってほしいものですね。

また、よろしくお願いいたします。

Re: No title

にゃうわん 様

いつもご訪問、ありがとうございます。

そうですか、小学生の頃の懐かしい風景だったのですね、そのころと風景は変わっていないようですね、
故郷が変わらずにいてくれると、ほっとしますよね。

故郷ではありませんが、賀茂川に来るとほっとします。

また、よろしくお願いいたします。

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック