嵯峨野大覚寺 華道祭の日(いけばな展)

2016年4月9日、京都嵯峨野大覚寺華道祭の日の風景です。少しだけ桜から離れます。

境内の端に作られている信徒会館で「いけばな展」が行われていました。嵯峨御流のHPによると、「平安の初め、嵯峨天皇が大覚寺の大沢池で、菊ガ島に咲く可憐な菊を手折り殿上の花瓶に挿されました。...嵯峨天皇の自然や草木に対する慈しみの心が、嵯峨御流の礎になっています。」と書かれています。京都の六角堂は、室町時代に池坊の発祥の地として知られています、神社仏閣だけでなく、文化の礎を築いていた古都の歴史にあらためて驚かされます。

大覚寺の広い境内の一角に、大きないけばな(造形美)が飾られていました。最近見かける東山や嵐山の花灯路にも飾られているいけばなは、大きく力強い作品が多いようです。昨年植物園で見かけた「琳派」に関する作品も大きなものでした。

20160409大覚寺華道祭

20160409大覚寺華道祭

20160409大覚寺華道祭

20160409大覚寺華道祭

20160409大覚寺華道祭

20160409大覚寺華道祭

20160409大覚寺華道祭

20160409大覚寺華道祭

20160409大覚寺華道祭

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

Comment

まぁ!

こんばんは。いつもお世話になっております。
これはまた素晴らしくて、さらに、大きな作品なのですね。
生け花というより、空間と一体になった「造形美」なのがよくわかります。
やはり屋外に飾るときは、床の間に飾るのとは全然違うものになるんですねぇ。

とても素敵なお花、ありがとうございました。

Re: まぁ!

つねまる 様

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

そうですね、この作品にはびっくりしました。大覚寺の広い境内に飾っても、大きいことが目立ちました。
可憐な活け花の世界とは、まったく違う感性、技術を必要とする芸術ですね。

最近の京都のいろいろなイベントで、大きな活け花をよく見かけるので、これからも楽しみです。

また、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック