卯月の京都 華道祭の日の嵯峨野大覚寺の風景です(大使夫人のいけばな)

2013年4月14日、京都嵯峨野大覚寺華道祭の日の境内の様子を順番に紹介します。
表門から入って、式台玄関、宸殿と進みました。玄関の間に大覚寺の由緒と玄関の障壁画の説明書きがありました。
大覚寺HPによると、「玄関の部屋は「松の間」とよばれ、豪華な金碧画の「松に山鳥図」が描かれている。寺伝では狩野永徳筆とされ、桃山金碧画のなかで重要な位置を占めるものである 」と書かれています。
玄関から進んで、宸殿に入ると、「大使夫人といける愛すべき世界の風景」という特別企画展示が飾られていました。世界の国の特徴がいけばなで表現されていました。

20130414大覚寺

神輿が飾られていました
20130414大覚寺

モロッコ王国「オアシスの安らぎ」
20130414大覚寺

20130414大覚寺

ドイツ「ライン河とローレライの伝説」
20130414大覚寺

20130414大覚寺

インド「ムガール庭園の輝き」
20130414大覚寺

20130414大覚寺

タイ「輝けるタイの風景」
20130414大覚寺

20130414大覚寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック