第51回京の冬の旅 島原角屋

「京の冬の旅」非公開文化財の特別公開で、島原角屋に行きました。

角屋の建物は、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952年)に国の重要文化財に指定されています。(島原角屋公式サイトには、揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます)

一階の「松の間」から庭を眺めると、目の前に「臥龍松」の大きな松の木が見れます。説明員の方から、この松の木は、江戸時代の絵図にも紹介されていて、二代目だという説明がありました。また「網代の間」という部屋があって、その部屋の障子と光の組み合わせが、歴史を語る雰囲気を漂わせていました。

今回「島原」に初めて行ってみましたが、島原には多くの文芸碑が残されていることがわかったので、また訪問したいと思っています。

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

第51回京の冬の旅 島原角屋

「京の冬の旅」非公開文化財の特別公開で、島原角屋に行きました。

「京の冬の旅」のHPには、「江戸幕府公認の花街として栄えた島原に残る角屋(重文)は、江戸時代の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋(あげや)建築の唯一の遺構。幕末には新選組が通い、西郷隆盛、久坂玄瑞なども利用したという。」と、書かれています。今年のテーマの「大政奉還150年記念」には、西郷隆盛、新選組などの幕末の志士が利用していたことからの所縁のようです。

詳しくは知らなかったのですが、島原は「花街(かがい)」で、江戸の吉原は「遊郭」という大きな違いがあるそうです。(島原角屋公式サイトには、「花街」は歌や舞を伴う遊宴の町であり、一方、「遊廓」は歌や舞いもなく、宴会もしない、歓楽のみの町であります。と書かれています)

この日の説明員の方から、文久3年(1863年)9月に、新選組がここ島原の角屋で宴会を開き、その夜に戻った壬生の八木邸で新選組の初代局長芹沢鴨が暗殺されたと、いう話がありました。調べてみると、新選組の内部犯行説が有力なようです。

また、角屋の外の道の角に、久坂玄瑞(くさかげんずい)密議の場所、という石標が立っていました。様々な幕末を眺めていた建物ですね。

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

第51回京の冬の旅 島原角屋

「京の冬の旅」.非公開文化財の特別公開が、今年第51回で、テーマは「大政奉還150年記念」でした。

HPによると、「武家政権の終焉であり、日本の近代国家への転換期となった歴史的な出来事の舞台は、京都でした。幕末ゆかりの寺院を中心に、初公開の寺院など14ヶ所で、通常非公開の文化財が期間限定で特別公開されます」と書かれています。期間は平成29年1月7日(土)~3月18日(土)、14ヶ所の中から3ヶ所を見学してスタンプを集めると、指定の場所で"ちょっと一服"(お茶とお菓子など)や、京都駅の「京都総合観光案内所〈京なび〉」でブックカバーがもらえる、などの特典が受けられます。毎年3ヶ所以上を訪れて、古都らしいブックカバーをもらっていて、タブレットのカバーなどに使っています。

島原(花街)には初めて行きました、説明を受けて、江戸の吉原(遊廓)とは違うことも初めて知りました。HPにも詳しく書かれていました。島原角屋は、千本通りと七条通りの交差点から少し路地に入らないと行けないので、普段は通ることのない場所にあります。

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

20170110島原角屋

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック