2017年5月15日 快晴の葵祭の日の賀茂川の風景

下鴨神社の路頭の儀の行列が観客席前を通り過ぎたのが、12時過ぎで、お祭りとしては、まだ社頭の儀があり、境内の糺の森の馬場で数頭の馬が走る走馬の儀(そうまのぎ)があって、14時20分から上賀茂神社に向けての路頭の儀がありましたが、この日は葵祭の見学はこれで終わりました。

快晴の中、初めて見た「新緑の下鴨神社参道の行列」に期待通りの色彩を感じることができて、満足でした。来年はできることならば、上賀茂神社に向かう行列を、賀茂川の土手で、あるいは上賀茂神社境内で見学したいと思っています。

少し雲が出てきていましたが、帰りがけに賀茂川沿いの遊歩道を出雲路橋から北大路橋まで歩いてみました。新緑が鮮やかでした。

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

円山公園の帰りがけに高瀬川夜桜見学

4月8日に、数年ぶりに、円山公園から高台寺の桜見学に行きました。雨模様の日でしたが、人出が少ないことを期待して行ってみました。でも、ちょうど土曜日だったせいもあるのか、大勢の観光客がいました。

高台寺から、円山公園に戻って、暗闇の中にライトアップされたしだれ桜を見学したあとで、八坂神社を通り抜けて、四条河原町に出ました。阪急四条河原町駅の地上東出口は「高瀬川」に面しています。繁華街の真ん中にあるので、普段から大勢の人が行き交う場所です。

高瀬川(たかせがわ)は、江戸時代初期(1611年)に角倉了以・素庵父子によって、京都の中心部と伏見を結ぶために物流用に開削された運河です。豊臣秀吉が天下統一の後、その権勢を誇るものとして「天下泰平」祈願の寺・方向寺(大仏殿)を建立した時に、その資材(石材)を、京と大坂を結ぶ淀川水運の発着点の伏見港から京へ搬入するために開通させたとされていて、今もその名残が、四条通り近くに残されている場所です。

雨模様でしたが、川の近くに飲食店が多いためか、夜桜見学の人も多く歩いていました。

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の夜桜 平野神社

4月5日二条城の夜桜見学の後に、ちょうど帰り道の平野神社の夜桜を見学しました。

今年は3日前の日中に神門横の「魁(さきがけ)桜」の撮影に行きました、3日しか経っていませんでしたが、桜苑の桜は一気に開花していました。

平野神社の境内には50種約400本の桜があり、3月下旬から4月下旬まで、約1ヶ月間お花見が楽しめます。西大路通り入口に面した案内板には、桜の木の珍種十品種の紹介で、「魁桜、寝覚桜、胡蝶桜、嵐山桜、虎の尾桜、平野妹背桜、御衣黄桜、松月桜、手弱女桜、突葉根桜」が書かれています。

平野神社の桜は、平安期に、貴族たちが様々な桜を楽しみ、江戸時代になると庶民にも夜桜が開放され、「平野の夜桜」は都を代表する花見の名所となった、そうです。江戸時代から、夜店が出ていた、と思うと「夜桜見物の喧騒?」も味わいがあります。

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の夜桜 二条城

まだしばらく夜桜風景を続けます。

今年の京都の桜は、平年に比べると1週間ほどは遅かったです。4月5日に二条城桜祭りのライトアップに行ってきました。昨年3月31日に行って、まだちらほら咲きだったので、開花の遅い今年は1週間ほどずらしてみましたが、それでもまだ早め(5分咲きくらい?)でした。

ライトアップ開場の18時ごろに行ってみたら、平日でしたが、入場券を購入する人が、お堀端にずらっと列をつくって並んでいて、
最後尾に並んでから入り口の大手門にたどり着くまでだいたい15分ほどかかりました。帰りの19時ころでもまだ列はできていました。

2年に一回くらいの感じでライトアップに来ていますが、見どころが桜だけでなく、毎年いろいろな他の光の催しが行われています。
今年は唐門のところでプロジェクションマッピングが行われていたり、清流園では催しものも行われていて、桜が満開でなくても楽しめる雰囲気でした。

20170405二条城

20170405二条城

20170405二条城

20170405二条城

20170405二条城

20170405二条城

20170405二条城

20170405二条城

20170405二条城

20170405二条城

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の桜 半木の道

4月16日の賀茂川半木の道の桜風景です。(次回から、桜ライトアップシリーズです)

北山大橋から北大路橋に沿って東側に植物園があります。その間の東岸の堤防道は「半木の道」と呼ばれる桜名所で、紅枝垂れ桜が川沿いの遊歩道(約800m)にピンクのトンネルを作ります。快晴の日に川を挟んで対岸から見ると、青空、清流、桜、雪柳などの原色が織りなす色合いがきれいです。神木が流れついたという流木(ながれぎ)神社の森が植物園となり、それが、なからぎ(半木)になまった、そうです。

上賀茂神社近くの賀茂川の橋(御薗橋)から順に(上賀茂橋、北山大橋、北大路橋、出雲路橋、葵橋)と川沿いに下って、下鴨神社まで行くと、この時期、桜景色がずっと目に入ります。賀茂川の桜は、もっと上流から下流まで10Km弱に渡って咲いています、川の土手も広く、車は通れないようになっているので、四季折々川沿いの木々、花とともに、大勢の市民・観光客がのんびり散歩を楽しむ場所となっています。

桜の時期、天気に恵まれた日に、下流の七条大橋から、ずっと川べりの遊歩道を、川に沿って上って御園橋の上流の西賀茂橋あたりまで、半日かけて歩いてみるのも良いかも知れません。

20170416半木の道

20170416半木の道

20170416半木の道

20170416半木の道

20170416半木の道

20170416半木の道

20170416半木の道

20170416半木の道

20170416半木の道

20170416半木の道

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック