新緑の京都 旧三井家下鴨別邸 庭園

京阪電車・叡山電鉄「出町柳」駅から、高野川にかかる「河合橋」を渡って徒歩約5分の場所にあります。多くの市民、観光客が行き交う、鴨川が高野川と賀茂川に分かれる三角州の北側に位置します。

旧三井家下鴨別邸は、隣接する京都家庭裁判所の所長宿舎に使われていましたが、2011年に重文に指定され、翌年から保存修理を進めて、昨年一般公開が始まりました。「修復工事で建物は修繕され、干上がっていた池も糺の森を流れる泉川から取水を再開、庭園には芝生が敷き詰められた」そうです。

主屋の前面には,苔地の庭が広がり,その南に滝の流れを持つひょうたん型の池が作られていて、その周囲に園路が巡っています。池の南側から主屋は、一本の大きな木が特徴的な風景となっています。

主屋2階の座敷・居室・茶の間及び茶室は有料で貸出利用を行われていて、一般の会議やイベント等で使用することも可能だそうです、同窓会などで利用したい施設です。

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

新緑の京都 旧三井家下鴨別邸 主屋

下鴨神社の「糺(ただす)の森」の南に「旧三井家下鴨別邸」があります。昨年の平成28年10月1日から、一般公開が始まっています。三井家11家の共有の別邸として三井北家(総領家)第10代の三井八郎右衞門高棟(たかみね)によって建築されました

約5700平方メートルの敷地に木造3階建ての主屋(しゅおく)、平屋の玄関棟と茶室が建っています。主屋は三井財閥を築いた三井家の「木屋町別邸(明治13年に建築)」を大正14年に移築したもので、1、2階は座敷、3階は東山や鴨川の眺望が楽しめる望楼になっています。2011年に国の重要文化財に指定されました。

玄関棟ではガイドさんによる下鴨別邸についてのレクチャーありました、昨年の公開時に3階の望楼も公開したところ、大勢の見学者がありすぎて大混雑になってしまい、今は公開していないそうです。

大きな窓から見える庭園の新緑が鮮やかでした。

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸

20170523旧三井家下鴨別邸


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

2017年5月15日 快晴の葵祭の日の賀茂川の風景

下鴨神社の路頭の儀の行列が観客席前を通り過ぎたのが、12時過ぎで、お祭りとしては、まだ社頭の儀があり、境内の糺の森の馬場で数頭の馬が走る走馬の儀(そうまのぎ)があって、14時20分から上賀茂神社に向けての路頭の儀がありましたが、この日は葵祭の見学はこれで終わりました。

快晴の中、初めて見た「新緑の下鴨神社参道の行列」に期待通りの色彩を感じることができて、満足でした。来年はできることならば、上賀茂神社に向かう行列を、賀茂川の土手で、あるいは上賀茂神社境内で見学したいと思っています。

少し雲が出てきていましたが、帰りがけに賀茂川沿いの遊歩道を出雲路橋から北大路橋まで歩いてみました。新緑が鮮やかでした。

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

20170515葵祭ー下鴨神社

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

円山公園の帰りがけに高瀬川夜桜見学

4月8日に、数年ぶりに、円山公園から高台寺の桜見学に行きました。雨模様の日でしたが、人出が少ないことを期待して行ってみました。でも、ちょうど土曜日だったせいもあるのか、大勢の観光客がいました。

高台寺から、円山公園に戻って、暗闇の中にライトアップされたしだれ桜を見学したあとで、八坂神社を通り抜けて、四条河原町に出ました。阪急四条河原町駅の地上東出口は「高瀬川」に面しています。繁華街の真ん中にあるので、普段から大勢の人が行き交う場所です。

高瀬川(たかせがわ)は、江戸時代初期(1611年)に角倉了以・素庵父子によって、京都の中心部と伏見を結ぶために物流用に開削された運河です。豊臣秀吉が天下統一の後、その権勢を誇るものとして「天下泰平」祈願の寺・方向寺(大仏殿)を建立した時に、その資材(石材)を、京と大坂を結ぶ淀川水運の発着点の伏見港から京へ搬入するために開通させたとされていて、今もその名残が、四条通り近くに残されている場所です。

雨模様でしたが、川の近くに飲食店が多いためか、夜桜見学の人も多く歩いていました。

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

20170408円山公園-高瀬川

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の夜桜 平野神社

4月5日二条城の夜桜見学の後に、ちょうど帰り道の平野神社の夜桜を見学しました。

今年は3日前の日中に神門横の「魁(さきがけ)桜」の撮影に行きました、3日しか経っていませんでしたが、桜苑の桜は一気に開花していました。

平野神社の境内には50種約400本の桜があり、3月下旬から4月下旬まで、約1ヶ月間お花見が楽しめます。西大路通り入口に面した案内板には、桜の木の珍種十品種の紹介で、「魁桜、寝覚桜、胡蝶桜、嵐山桜、虎の尾桜、平野妹背桜、御衣黄桜、松月桜、手弱女桜、突葉根桜」が書かれています。

平野神社の桜は、平安期に、貴族たちが様々な桜を楽しみ、江戸時代になると庶民にも夜桜が開放され、「平野の夜桜」は都を代表する花見の名所となった、そうです。江戸時代から、夜店が出ていた、と思うと「夜桜見物の喧騒?」も味わいがあります。

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

20170405平野神社LU

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック