京都の紅葉ライトアップ 祇園近く「建仁寺」(法堂あたり)

2016年12月1日の建仁寺のライトアップ風景です。昨年秋の紅葉のライトアップシリーズの最後です。(神護寺、等持院、仁和寺、大覚寺、建仁寺の順に続けました)

法堂の天井画「双龍図」は、平成14年に建仁寺創建800年を記念して描かれた、日本画家の小泉淳作画伯筆の作品です。108畳にも及ぶ水墨画で、迫力があります。「禅寺の本山の多くでは法堂(はっとう)の天井に龍が描かれていて、その龍が仏法の教えを降らすといわれている」」そうです。

京都の禅寺の龍の天井画を調べてみると、ここ建仁寺以外にもありました。

妙心寺 1656年(明暦2年)法堂の鏡天井に狩野探幽が55歳のときに8年がかりで作りあげた「雲龍図」。
東福寺 1934年(昭和9年)仏殿(本堂)に堂本印象画伯作品の天井画の龍図。
大徳寺 1637年(寛永14年)狩野探幽が35歳の時に描いた初期の作品。敷瓦の上で手を叩くと、龍が鳴いたように音が法堂内に響くことから「鳴き龍」とも呼ばれています。
相国寺 1605年(慶長10年)狩野光信によって描かれた龍。堂内で手をたたくと、音が反響して龍が鳴いているように聞こえることから「鳴き龍」と呼ばれています。
南禅寺 1908年(明治41年)法堂に京都画壇四条派の日本画家・今尾景年の筆による「雲龍図」。

大徳寺、南禅寺は、はるか昔に見たことがありますが、今度あらためてすべて拝観しようと思っています。

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の紅葉ライトアップ 祇園近く「建仁寺」(方丈、前庭)

2016年12月1日の建仁寺のライトアップ風景です。昨年秋の紅葉のライトアップシリーズの最後です。(神護寺、等持院、仁和寺、大覚寺、建仁寺の順に続けました)

建仁寺は、祇園の南に位置します、祇園からは、花見小路に面した門から入れます。河原町に近い繁華街の中にあっても、広い境内に入ると静かな雰囲気を感じることができます。境内には14院の塔頭があります、京都最初の禅寺で、建仁2年(1202年)に開基は源頼家、開山は栄西禅師で建立されています。国宝の俵屋宗達作の風神雷神図があることでも知られています。

昨年の紅葉の時期には二度建仁寺を訪れました、最初が11月17日で、まだ市内の紅葉が進んでいない時に、京都新聞の紅葉情報を見て、境内の勅使門から三門まで(放生池周辺)少し歩いただけでしたが、12月1日は、夕暮れの時刻に建仁寺の本坊から入って、方丈、法堂を巡りました、

建仁寺の境内には、最近よく来ていましたが、本堂、方丈、前庭の枯山水様式の「大雄苑(だいおうえん)」などの中に入っての拝観は初めてでした。


20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

20161201建仁寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の紅葉 神泉苑

11月22日、朝から快晴で、四条堀川近くに用事があって出かけたついでに神泉苑に寄ってみました。二条城の南側すぐ近くににあります。京都を東西に走る御池通沿いにあり、京都を南北に走る千本通と堀川通の間に位置しています。

神泉苑は、平安京遷都とほぼ同時期に、当時の大内裏の南に接する地に造営された禁苑(天皇のための庭園)で、当初の敷地は二条通から三条通まで、南北約500メートル、東西約240メートルに及ぶ、大庭園だったそうです。

貞観の時代に、この神泉苑で御霊会が行われ、後に「祇園祭」の鉾として継承されている「鉾」が立てられたとも伝えられていて、また、「神泉苑は静御前と源義経が雨乞いを通じて出逢った場所です」とも伝えられています。歴史を刻む庭園です。

京都市登録無形民俗文化財の神泉苑狂言が境内の狂言堂で毎年GWと秋に上演されています。



20161122神泉苑

20161122神泉苑

20161122神泉苑

20161122神泉苑

20161122神泉苑

20161122神泉苑

20161122神泉苑

20161122神泉苑

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

紅葉の京都 祇園近く「建仁寺」

2016年11月17日の建仁寺の様子です。この日、京都新聞の紅葉情報で、建仁寺境内が見ごろとなっていたので、河原町の近くに用事があるついでに、建仁寺に行ってみました。この週はまだ市内の「見ごろ」場所が少ない時期でした。

建仁寺は、祇園の南に位置します、祇園からは、花見小路に面した門から入れます。南の八坂通りに面した勅使門、西の大和大路通りにも門があります。河原町に近い繁華街の中にあっても、広い境内に入ると静かな雰囲気を感じることができます。

境内には14院の塔頭があります、京都最初の禅寺で、建仁2年(1202年)に開基は源頼家、開山は栄西禅師で建立されています。国宝の俵屋宗達作の風神雷神図があることでも知られています。また、室町時代に京都五山として、定められた「南禅寺・天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺」の一つでもあります。

この日、勅使門から三門までの境内(放生池周辺)の紅葉が進んでいました。

20161117建仁寺

20161117建仁寺

20161117建仁寺

20161117建仁寺

20161117建仁寺

20161117建仁寺

20161117建仁寺

20161117建仁寺

20161117建仁寺

20161117建仁寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

初秋の京都 本満寺

今年の春に桜巡りで初めて訪問した上京区の「本満寺」に10月18日に行ってみました。山門を入ったすぐ近くの樹齢約90年のしだれ桜の紅葉はもう始まっていました。(春の満開の桜の咲く様子の写真も最後に貼り付けておきました)

本満寺は上京区にあって、京都御苑の東に沿った寺町通をまっすぐ北に進み、今出川通の交差点から上がるとすぐに入口があります。鴨川の近くにあり、葵橋から川を渡ると下鴨神社はすぐです。

京都御苑はこの週の土曜日10月22日に行われた時代祭巡行の出発点になっているので、この週は2回訪問しました。わずか4日の間でしたが、秋の風景が日に日に深まっていく様子が感じられました。

10月18日は、御苑内にある「京都迎賓館」の一般見学(予約せずに当日申し込み)を、と思って出かけたのですが、当日申し込み時間の11時少し前に着いたら、もう「本日の当日見学申し込みは終了」となっていたため見学ができませんでした。天気が良かったこともあったので、京都御苑西南角に位置する閑院宮邸跡近辺と本満寺に行ってみました。

20161018本満寺

20161018本満寺

20161018本満寺

20161018本満寺

20161018本満寺

20161018本満寺

20161018本満寺

20161018本満寺

20161018本満寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック