京都紫野大徳寺龍源院

22の塔頭を持つ大徳寺は、1200年前の平安建都の基点になった京都市北区紫野の船岡山の近くに位置し、北大路通をはさんで北側にあります。京の冬の旅で、大徳寺本坊に2月15日に行った時に、本坊の写真が撮れなかったので、境内にある龍源院に初めて入ってみました。

龍源院は、大徳寺の塔頭で、室町時代の文亀2年(1502)に開山、東渓宗牧禅師を開祖として畠山義元、大友義長らが創建した、とされています。室町時代最古の方丈建造物として国の重要文化財に指定されています。また一枝坦(いっしだん)、龍吟庭(りょうぎんてい)、こ沱底(こだてい)、日本最小の石庭:東滴壺(とうてきこ)などと名づけられた庭園が方丈を囲んでありました。

枯山水庭園を愛でたい人にはうってつけのお寺でしょう。

20160216大徳寺龍源院

20160216大徳寺龍源院

一枝坦(いっしだん)
20160216大徳寺龍源院

20160216大徳寺龍源院

20160216大徳寺龍源院

龍吟庭(りょうぎんてい)
20160216大徳寺龍源院

20160216大徳寺龍源院

日本最小の石庭:東滴壺(とうてきこ)
20160216大徳寺龍源院

20160216大徳寺龍源院

20160216大徳寺龍源院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

第50回京の冬の旅 大徳寺

22の塔頭を持つ大徳寺は、1200年前の平安建都の基点になった船岡山の近くに位置し、北大路通をはさんで北側にあります。その本坊(~茶の湯文化と縁深い洛北の禅刹~ )が、京の冬の旅19年ぶりの公開となっていたので、2月15日に行きました。

京の冬の旅のパンフレットには、「江戸初期建立の方丈(国宝)の内部を飾る障壁画(重文)は江戸初期を代表する絵師・狩野探幽の代表作で、....聚楽第の遺構と伝わる唐門(国宝)を望む「南庭」と、小堀遠州作庭の「東庭」からなる庭園(特別名勝・史跡)もみどころである。」と書かれています。

本坊では写真の撮影ができなかったので、これから2回に分けて、大徳寺境内と、本坊の後に参拝した龍源院を紹介します。
大徳寺は、1月25日の雪景色の高桐院に来て以来、今年2度目の参拝です、この日、ところどころで梅が少し咲いていました。

20160216大徳寺

20160216大徳寺

20160216大徳寺

20160216大徳寺

20160216大徳寺

20160216大徳寺

20160216大徳寺

20160216大徳寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

雪の京都 紫野大徳寺 高桐院(西側の庭園)

雪の京都シリーズの最後です、今年市内で積雪があって、午前中まで残ったのが2日だけでした。1月25日の大徳寺高桐院の雪景色です。

雪の降る日で、足元は悪かったのですが、本殿西側の庭園に降りてみました。たぶん、ここは初めてです。細川忠興とその妻「ガラシャ夫人」(明智光秀の娘)の墓所に向かう庭です。西庭には、道沿いに樹木が多く、雪の積もった景色は見応えがありました。でも、昼前には陽が差してきて、雪が溶け始めてきました。

紅葉の頃にも、入口に何度か来ていますが、いつも人の多さに入るのをためらってしまいます。朝早くに、今度来ようと思っています。

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

雪の京都 紫野大徳寺 高桐院(客殿からの庭園)

大徳寺の三門は、ここの二階に置かれた利休の木造が秀吉の怒りをかい、利休の切腹につながったという歴史を持つことで知られています。

高桐院は、1601年(慶長6)利休七哲の一人細川忠興(三斎)の創建で、高桐院の入り口でもらったパンフレットに「高桐院の建造物には客殿・書院・庫裏などがある。書院は千利休居士の邸宅を移築したもので、この書院に続いて二帖台目の名茶席松向軒がある。」と書かれています。

千利休との関係はここにもありました。

客殿から見る庭は、竹林を背景に、目の前の朱色の毛氈と、灯籠が印象的です。初夏のころの緑色のときに来ていたので、雪景色を、と思って来てみました。

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

雪の京都 紫野大徳寺 高桐院

もう3月ですが、雪の京都シリーズの最後です、今年市内で積雪があって、午前中まで残ったのが2日だけでした。1月25日の大徳寺高桐院の雪景色です。

大徳寺は、京都市北区紫野にあります。京都駅からは市バスで行くのが便利です。北大路通を走るバスに乗って「大徳寺前」で降りれば目の前にあります。金閣寺方面からでも、西大路通、北大路通を経て行くことができます。

大徳寺境内の西端にある「高桐院」の入り口の門を入ると、すぐ右に曲がる道があり、この場所が竹の柵に囲まれた参道となっていて、古都らしい風景を作り出しています。この日は、参拝客も少なく、誰もいない参道を撮影することができました、紅葉の季節には、団体客などの人出が多すぎて、まず無理です。

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

20160125高桐院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック