大原宝泉院ライトアップ

4月16日三千院ライトアップ拝観のあと、三千院の参道の奥の突き当たりの勝林院(大原寺)塔頭の宝泉院に行きました。四季折々にライトアップが行われているようですが、この日はJR東海との提携での特別の日でした。(三千院を出たところで、これを知り寄り道しました)

勝林院の本堂は、天台宗の仏教が栄えた大原の中心的道場で、宝泉院はその中の僧坊として古く800年前よりあったお寺だそうです。

宝泉院拝観は初めてでした、書院は江戸中期頃の再建で、庭内の五葉の松は、樹齢700年以上だそうで、立派な幹でした。庭園は額縁庭園になっていました。秋の紅葉の時にまた来てみたい庭でしたが、観光客が多く訪れていそうで、額縁庭園をうまく撮影できるかどうかが気になります。

20160416宝泉院

20160416宝泉院

20160416宝泉院

20160416宝泉院

20160416宝泉院

20160416宝泉院

20160416宝泉院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の桜 大原三千院(ライトアップ)

もう6月ですが、まだ桜景色の紹介です。(2か月ほど続けていましたが、いよいよこの記事が最後です)

2016年4月16日、大原三千院のライトアップイベントに行きました。

19時ころになると、次第に暗闇の中にライトアップされた桜、石楠花、などが浮かび上がってきて、苔の緑も光るようになってきていました。境内の桜は、金色不動堂横あたりが満開で、石楠花と同時に楽しむことができました。往生極楽院の入口が開けられていて、阿弥陀三尊(阿弥陀如来座像を中心に、向かって右に観世音菩薩、左に大勢至菩薩)を参拝することもできました。(たぶん普段は開けられていないと思います)苔庭のあちらこちらにあるお地蔵さんもライトアップの中で見ることができました。

三千院の参拝のあとで、すぐ近くの宝泉院がライトアップしていることも聞き、行ってみました。

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の桜 大原三千院(薄暮の境内)

もう6月ですが、まだ桜景色の紹介です。

2016年4月16日、大原三千院のライトアップイベントに行きました。

大原三千院は、京都駅から見ると北方向にあります。直線距離で約十数Kmほどですが、京都バスで京都駅から、あるいは、地下鉄の国際会館駅から行くことになります。京都駅からは、一時間に3本ほどの京都バス(17番)で、約一時間で着きます。国際会館駅からは、約40分おきに出ている京都バス(19番)で約25分ほどかかります。

市内の桜はもうほとんど散っていたので、どうかな、と思いながら行ってみました。ライトアップイベントだったので、15時過ぎに大原に着いて、寂光院を参拝して、バス停近くのコンビニで少し休んでから三千院に入りました。18時ころはまだ薄暮でしたが、往生極楽院前の苔の境内に行燈が並べられて、こけの緑と行燈の灯りが雰囲気を醸し出していました。お寺の住職の方の話では、この時期としては珍しく(早く)石楠花が満開で、ちょうど見ごろでした、

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

20160416三千院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の桜 大原寂光院

今年の「昼の時間帯の」桜シリーズの最後です、2016年4月16日に大原三千院の夜間特別公開(桜のライトアップ)に行ったときに、寂光院に寄りました。たぶん、修学旅行の時以来なので、数十年ぶりです。大原は京都市中心部から15kmほど北に国道367号(若狭街道(鯖街道))を進んだところにあります。

寂光院は推古2(594)年に、聖徳太子が父用明天皇の菩提を弔うために建立されたと伝えられています、平家物語にも描かれている建礼門院徳子(平清盛の息女、安徳天皇の母)は、文治元(1185)年9月に入寺し、壇ノ浦の合戦(1185年3月24日)で滅亡した平家一門と、我が子安徳天皇の菩提を弔い、終生をこの地で過ごされた。そうです。

時間が遅かったこともあってか、寂光院の参拝客は少なく、境内をのんびりと歩けました。境内の桜は少し時期を過ぎていましたが、土産物屋の前の入口近くの一本の桜が満開でした。

もう5月も中旬過ぎですが、次回からは、桜ライトアップシリーズを続けます。

20160416寂光院

20160416寂光院

20160416寂光院

20160416寂光院

20160416寂光院

20160416寂光院

20160416寂光院

20160416寂光院

20160416寂光院

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

初秋の京都 大原田園風景(江文峠に向かう別れ道あたり)

2014年9月23日、初めて大原古知谷阿弥陀寺に行きました。
大原と言えば「♪ 京都 大原 三千院 恋に疲れた女がひとり 結城に塩瀬の素描の帯が池の水面にゆれていた ♪」で始まるデューク・エイセスの歌で知られる三千院が有名ですが、田園風景も風情があります。
帰路は大原から市内に直接向かう道でなく、江文峠から静原を通る道で戻ってみました。大原から江文峠に向かう道の入り口あたりの風景です。彼岸花(曼珠沙華)が畑のあぜ道に沿ってたくさん咲いていました。
秋空の青と黄金色の畑に彼岸花の朱色がよく合います。畑にコスモスが咲くのはもう少し後の時期のようです。
今年、大原には初夏のころに来ていて、2回目です。紅葉の盛りの頃にもう一度来れたら、と思っています。

20140923大原

20140923大原

20140923大原

20140923大原

20140923大原

20140923大原

20140923大原

20140923大原


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック