冬の京都 嵐山花灯路 落柿舎前の大きな行灯群、渡月橋

2017年12月の嵐山花灯路の風景紹介です。

落柿舎を遠目に見ることのできる落柿舎前の田んぼは、ふだんは見通しの良い場所ですが、花灯路の時には大きな行灯がいくつも飾られて、ライトアップを盛り上げています。

花灯路のHPには、「嵯峨・嵐山地域の水辺や竹林を含む自然景観や歴史的文化遺産などを生かし、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯無数の「灯り」と、ボリューム感のあるいけばな作品の「花」で演出。無数のLED電球を使用した露地行灯による、あたたかみのある灯りの散策路をお楽しみください。」と書かれています。

この日、トロッコ嵐山駅近辺散策から、渡月橋に行ってみました。渡月橋の川下からの定番の(京都の写真集でよく見かける)景色が、この花灯路の時に、嵐山の雄大さを増すように感じています。春、夏、秋、冬の景色と共に、ライトアップ夜景も素晴らしいものです。もうあと一か月もすると、春の訪れを告げる「東山花灯路」が始まります。(今年は3月9日(金)~18日(日)です)

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

冬の京都 嵐山花灯路 落柿舎

2017年12月の嵐山花灯路の風景紹介です。

大河内山荘からトロッコ嵐山駅に戻って、花灯路の行灯に従って、小倉池の横を進むと常寂光院の門の前に着きます。常寂光院の門を背に、少し進むと落柿舎の建物が見える田んぼに出ます。ふだんは見通しの良い場所ですが、花灯路の時には大きな行灯がいくつも飾られています。

落柿舎は、芭蕉の最も信頼した高弟の元禄の俳人向井去来の遺跡で、「庭に成っていた柿の木約四十本の柿を売る約束をして、お金を受け取っていた日の夜に、その柿が強風のため全て落ちてしまい、翌日返金に応じ、以来、去来は自ら「落柿舎」の去来と称するようになった」ことから名前が落柿舎となりました。

9月の下旬頃から、この一帯の木々の紅葉が色づき初め、柿の木に実も成り始めます。庵の庭に句碑が多く建立されていて、今でも、俳句をたしなむ人が「句会席」としてこの庵を利用しています。

花灯路のライトアップは、この小さな庵を神秘的な雰囲気に変えてくれます。落柿舎から長神の杜方向(二尊院方向)に向かう途中の道に、ライトアップされた人形がいました。

20171215嵐山花灯路落柿舎

20171215嵐山花灯路落柿舎

20171215嵐山花灯路落柿舎

20171215嵐山花灯路落柿舎

20171215嵐山花灯路落柿舎

20171215嵐山花灯路落柿舎

20171215嵐山花灯路落柿舎

20171215嵐山花灯路落柿舎

20171215嵐山花灯路落柿舎

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

冬の京都 嵐山花灯路 大河内山荘

2017年12月の嵐山花灯路の風景紹介です。

トロッコ嵐山駅からほんの2~3分ほど歩くと、大河内山荘の入り口に着きます。渡月橋方向からでも、嵐電嵐山駅、野宮神社、竹林の道を通って、ゆっくり歩いて30分ほどで着きます。

大河内山荘は、昭和初期の映画俳優大河内伝次郎の山荘です。東映の映画撮影所が近いこともあって、この嵯峨野のあたりには映画俳優所縁の自宅・施設が多いです。大河内山荘の説明Webには「桜や楓が多く植栽された園内からは、嵐山に保津川の清流、比叡山や京の町並みなども眺められ、四季折々に趣があります。」と書かれています。

もう20年ほど前に紅葉の季節に入って、見事な紅葉景色を眺めて以来、久しぶりに入ってみました。ライトアップされた庭園と、市内の夜景はなかなか良かったです。今度は、桜の季節に入ろうと思います。

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

20171215嵐山花灯路大河内山荘

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

冬の京都 嵐山花灯路 トロッコ嵐山駅付近

もう2月ですが、まだ2017年12月の嵐山花灯路の風景紹介です。

毎年夜間ライトアップイベントが「京都花灯路」として、春に東山、冬に嵐山で行われています。嵐山花灯路は、阪急嵐山駅から二尊院までの嵯峨野約3kmほどの散策道とその途中の神社仏閣や名所がライトアップされていて、道端に大きな活花や行灯が飾られる大きなイベントです。

この日、トロッコ嵐山駅近辺を中心に歩いてみました。トロッコ電車は、朝9時ころから夕方の17時ころまでの運転のため、花灯路に灯がともる夜は運転していません。(真冬の1月、2月は休業です)でも、トロッコ嵐山駅は、花灯路の期間中に駅前広場で売店が開かれています。

トロッコ嵐山駅の前に小倉池があって、その池端に御髪神社があります。駅を背に左手方向に進むと、大河内山荘の入り口があり、ちょうどその場所が「竹林の道」の端になっています。花灯路の時には案内所のテントが張られて、生け花展示が行われています。

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

20171215嵐山花灯路

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

2016年京都 東山花灯路(円山公園から青蓮院横の「あおくすの庭」)

東山花灯路が、今年(2017年)は、3月3日から3月12日まで、行われていました。

八坂の塔、二年坂からまたねねの道を通って、円山公園にもどりました。時刻はもう19時半を過ぎていて、すっかり暗くなっていました。円山公園の隣の知恩院の前を通って、青蓮院方向に向かって、青蓮院の隣の「あおくすの庭」に行きました。青蓮院前の大きな楠は、日中見てもその大きさに驚かされますが、ライトアップされていると、さらに迫力がありました。

「あおくすの庭」は、花灯路散策路の北端に位置します、三条神宮道交差点からすぐです、交差点からさらに北方向に進むと平安神宮の朱色の大鳥居に出る道です。「あおくすの庭」では、花灯路を飾る露地行灯の過去からの作品が並べられていました。で、これで、今年の散策は終わりです。

帰路は、三条神宮道から、河原町通り方向に行き、先斗町を抜けて、四条河原町に出ました。

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

20170304東山花灯路

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック