雪景色の京都 龍安寺(境内、鏡容池)

今年の1月14日夕方から雪が降り続き、1月15日の日曜日には、京都市内の積雪が14cmになりました。1月15日の午後の東山散策に続いて、翌日16日午後に、雪景色の石庭を見てみたいと思って、世界遺産龍安寺に出かけてみました。

石庭の書院を出た後、龍安寺の境内の散策をしました。石庭の拝観の終わり頃から陽が出てきていて、陽の当たる場所では雪がみるみるうちに融けだしてきていました。春は桜、雪柳、夏にかけて椿、藤、睡蓮、花菖蒲、新緑など、秋には萩、紅葉が、鏡容池周囲の境内で見事な風景を作ります。

龍安寺に来たときには、毎回境内の散策をします。ちょうど境内の中ほどに位置する鏡容池の周りを巡るコースとなっていて、ゆっくり歩いても30分ほどですが、観光客がいっぱいの石庭の雰囲気からはがらっと変わって静寂な雰囲気に浸れます。散策路から少し外れた感じになりますが、境内の西端に「桜園」があります。あまり知られていませんが、春の桜の時期の隠れ名所です。

雪の境内も落ち着いた雰囲気でした。鏡容池を眺めながらの遊歩道の小さな階段を下りると、入口の山門に出ます。

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

雪景色の京都 龍安寺(山門から書院、石庭)

今年の1月14日夕方から雪が降り続き、1月15日の日曜日には、京都市内の積雪が14cmになりました。1月15日の午後の東山散策に続いて、翌日16日午後に、雪景色の石庭を見てみたいと思って、世界遺産龍安寺に出かけてみました。16日は、もう雪は止んでいて時折陽射しのこぼれる天気でした。

山門入口で、拝観料を払うときに係りの人から、「今日は砂利の上に雪が被っていますよ」と雪景色の写真付きの説明を受けました。でもこの風景を写真に撮りたかったので、雪解け風景の龍安寺境内に入り、書院の石庭に向かいました。石庭は願い通りの(砂利が見えない珍しい)景色でした。

龍安寺のあるきぬかけの道沿いに、金閣寺、仁和寺と世界遺産のお寺があって、この辺りはいつも大勢の観光客で賑わっていますが、雪の残るこの日も、龍安寺の石庭に面する書院の縁側には、絶えることなく旅行者が座っていました。

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺

20170116龍安寺


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都冬の旅特別拝観 雨の龍安寺風景(鏡容池・弁天島)

「第49回京の冬の旅」の特別拝観で、京都市右京区 龍安寺 に1月下旬に行ってみました。
龍安寺に来たときには、毎回鏡容池を巡りながら歩く境内の散策をします。ゆっくり歩いても30分ほどですが、この日は雨が激しくなってきたので、方丈出口から帰り道をまっすぐに進んだところにある「弁天島」だけにしました。
小さな橋を渡ると弁財天の鳥居が立っています。鏡容池の真ん中に位置するので、池を見渡すことができます。
入場の際にもらったパンフレットで、鏡容池については、「かつてはおしどりが群れ遊んだところからおしどり池と呼ばれた、石庭鑑賞後のひとめぐりも、何がなしほっと心が和むのを覚えるのは、水の効果というものだろう」と書かれています。
確かに石庭の景色とはまた異なり、ほっとする風景です。雨の景色の中の世界遺産のお寺は風情がありました。

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都冬の旅特別拝観 雨の龍安寺風景(仏殿・西の庭)

「第49回京の冬の旅」の特別拝観で、京都市右京区 龍安寺 に1月下旬に行ってみました。
石庭を見学し、方丈裏手に回ると、普段は入れない北西側通路入口に受け付けがあり、特別拝観の「仏殿・西の庭」に入ることができました。
冬の旅特別拝観は、説明員の方が何人か必ずいて、その場所の歴史や見どころを説明してくれます。それほど広くはないのですが、昭和56年に再建された仏殿の天井には「下り龍」が描かれていて、本尊として「釈迦如来像」が安置されていました。
仏殿の西出口から「西の庭」に出ることができます。「石庭」や「鏡容池」とはまた違った龍安寺の佇まいでした。江戸時代に作られた細川勝元の木像を祀る細川廟が建っていました。このとき雨が激しくなってきました。

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都冬の旅特別拝観 雨の龍安寺風景(方丈(石庭))

「第49回京の冬の旅」の特別拝観で、京都市右京区 龍安寺 に1月下旬に行ってみました。
山門を入り、左手に池を眺めながら進むと、方丈に向かう階段に出ます。階段を登ると石庭のある方丈の入口に着きます、
龍安寺は、家が近いこともあって春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色、と四季来ています。でも「雨の龍安寺」は初めてでした。冬の雨ということで観光客が少なかったこともあってか、「風情」、がありました。これから「雨の観光名所」を楽しみに加えたいと思っています。
方丈の裏手に回ると、つくばいがあります。口の字を真ん中に、「吾唯足知」という文字が刻まれています。方丈の中の臥龍梅の襖絵は開け放たれた廊下から自由に見ることができます。石庭とこの襖絵はなにか落ち着きます。

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺

20150122雨の龍安寺


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック