京都 祇園祭 花傘巡行の風景です

2016年7月24日の祇園祭花傘巡行の風景です、この日は祇園祭後祭山鉾巡行の日です。

花傘巡行は、10時に八坂神社をスタートして、四条通りを西に進み、寺町四条から北上、寺町御池で東に、河原町御池で南下、四条河原町で東に進むコースをとります。後祭の復活した昨年(2014)から、寺町御池~四条河原町まで山鉾巡行のコースと重なるようになりましたが、うまくアーケードのある寺町通りで山鉾巡行が通り過ぎるのを待つことになります。

花傘巡行は、子供みこしを先頭に、祇園太鼓、児武者、花傘娘、先斗町お茶屋組合花傘、さぎ踊、祇園囃子などが続きます。

1966年(昭和41年)それまで行われていた後祭の巡行が17日の前祭巡行に合流し、後祭の行事が喪失したために興されたのが、花傘巡行のはじまりです。 祇園祭の歴史に比べるとごく最近の行事ですが、子供神輿などがあって身近なお祭りの感じがします。

今年は、アーケードのある寺町通りの一角で、目の前を通り過ぎる花傘巡行を見ることができました。屋根がある場所なので、直射日光も当たらず、人出もそう多くなくのんびりと見学ができました。

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

20160724祇園祭花傘巡行

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都祇園祭(後祭)山鉾巡行の風景です(四条麩屋町交差点近く、大船鉾)

2016年7月24日の祇園祭(後祭)山鉾巡行当日の風景です。

11時50分ころ、巡行の最後尾の「大船鉾」がやってきました。前祭で最後尾を巡行する船鉾が「出陣の船鉾」であるのに対し、後祭最後尾の大船鉾は「凱旋の船鉾」と呼ばれるそうです。1864年の「蛤御門の変」で鉾の木組みや車輪などを焼失した大船鉾(おおふねほこ)は長らく「休み山」として復興を目指していて、2014年に150年ぶりに巡行に加わりました。

昨年、大船鉾の復興に携わった方々のお話を聞く機会があり、その苦労話をお聞きしました。明治以降しばらく復興は禁句だったようですが、具体的になったのは、平成に入ってから、お囃子だけでも..ということになり、お囃子を隣の岩戸山の囃子方に教わりながら約130年ぶりに始めて、復興への準備が始まったそうです。

今年、152年ぶりに復元された装飾品「竜頭(りゅうとう)」(高さ1メートル92センチ、幅75センチ)が取り付けられていました。この竜頭については史料や原図がなかったため製作が難航していましたが、当時の文献や絵画などを基に2年がかりで完成にこぎづけた、そうです。

20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都祇園祭(後祭)山鉾巡行の風景です(四条麩屋町交差点近く、橋弁慶山、北観音山、浄妙山、南観音山、鈴鹿山、八幡山、鯉山)

2016年7月24日の祇園祭(後祭)山鉾巡行当日の風景です。

巡行五番の黒主山まで河原町通りで写真を撮ってから、通りの西側に渡って、寺町通りを通過する「花傘巡行」の見学に行きました。(その時の写真はまた後日紹介します)花傘巡行を見学してから、寺町通りを南に下がり、四条通りでまた山鉾巡行の見学をしました。

四条通りも見学者で混雑していました、寺町通りから河原町通りの東方向には、人出が多すぎてとても写真を撮影できる状況ではなかったので、西方向に向かいました。御幸通りの次の通りの四条麩屋町交差点近くでようやく歩道の先頭に出ることができて、そこで巡行行列を待ちかまえました。11時15分頃です。先頭の橋弁慶山がちょうど目の前を通過していくところでした。交差点で2回辻回しがあるので、9時半に烏丸御池交差点を出発した巡行の先頭は、1時間45分でこの場所を通過します。巡行のゴールの四条烏丸交差点には、12時ころ到着なので、約2時間半真夏の炎天下を行列することになります、暑い中ご苦労様です。

橋弁慶山
20160724祇園祭後祭巡行

北観音山
20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

浄妙山
20160724祇園祭後祭巡行

南観音山
20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

鈴鹿山
20160724祇園祭後祭巡行

八幡山
20160724祇園祭後祭巡行

鯉山
20160724祇園祭後祭巡行

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都祇園祭(後祭)山鉾巡行の風景です(橋弁慶山 、北観音山 、浄妙山、役行者山、黒主山)

もう8月も終わりですが、2016年7月24日の祇園祭(後祭)山鉾巡行当日の風景です。(まだしばらく続けます)

今年の後祭山鉾巡行は、河原町御池交差点にまず向かいました。地下鉄東西線の市役所前駅から地上に上がってすぐの交差点です。あさ10時過ぎに到着しました。後祭の巡行は烏丸御池交差点を朝9時30分スタートなので、この時刻はもう巡行が始まっていて、ちょうど北観音山の辻回しが行われているところでした。見学者が大勢いて、写真を撮影するのに良い場所を探しながら、河原町通りの東側を四条通りに向かって歩いていきました。

御池通りから南に下がって、三条通り近くまで来ると歩道の先頭に出ることができて、先頭の橋弁慶山にも追いつきました。10時半ころです。

今年の巡行順は、一番 橋弁慶山 ◎、二番 北観音山 ◎、三番 浄妙山、四番 役行者山、五番 黒主山、六番 南観音山 ◎、七番 鈴鹿山、八番 八幡山、九番 鯉山、十番 大船鉾 ◎(◎はくじとらずで固定です)です。

20160724祇園祭後祭巡行

橋弁慶山
20160724祇園祭後祭巡行

北観音山
20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

浄妙山
20160724祇園祭後祭巡行

役行者山
20160724祇園祭後祭巡行

黒主山
20160724祇園祭後祭巡行

20160724祇園祭後祭巡行

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

祇園祭後祭宵々山夜景(浄妙山、鈴鹿山)

祇園祭の後祭宵々山(7月22日)の夜景です、宵々山20時過ぎの浄妙山、鈴鹿山風景です。

この時刻ころでも子供たちのわらべ歌の声が聞こえています。祇園ばやしのコンチキチンの響きが夏の到来を告げているように感じます。

祇園祭は、1100年以上も昔、平安京の広大な庭園であった神泉苑に当時の日本全国の国の数の鉾66本を立て、祇園の神を祀り災厄の除去を祈る「祇園御霊会」が始まりと伝えられています。 祇園祭は、7月1日の「吉符入」にはじまり、31日の境内摂社「疫神社夏越祭」で幕を閉じるまで、1ヶ月にわたって各種の神事・行事がくり広げられます。

前祭の17日から後祭の24日までは 「無言参り」と称されています。年に一度、八坂神社から鴨川を渡り、四条寺町の御旅所に神様が行かれるのにあわせて、祇園の花街の芸妓さん・舞妓さんも同じく鴨川を渡り、無言で7日7晩、御旅所に詣でると願いがかなうと伝えられています。

橋弁慶山から、烏丸通りを北に上がり、六角通りの浄妙山に行き、そこから烏丸通りに戻って、三条通り交差点北の鈴鹿山に行きました。これで後祭の山鉾10基の見学をすべて終えました。18時半ころから20時半ころまで約2時間の見学でした。

浄妙山
20160722浄妙山

20160722浄妙山

20160722浄妙山

20160722浄妙山

20160722浄妙山

20160722浄妙山


鈴鹿山
20160722鈴鹿山

20160722鈴鹿山

20160722鈴鹿山

20160722鈴鹿山

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック