京都の紅葉ライトアップ 大覚寺「真紅の水鏡」

昨年秋の紅葉のライトアップシリーズを、まだしばらく続けます。(神護寺、等持院、仁和寺、大覚寺、建仁寺の順に続けます)

11月28日に、嵯峨野大覚寺の夜間特別拝観「真紅の水鏡」に行きました。大覚寺は家に近いこともあってよく拝観していますが、この特別拝観は初めてでした。「お寺の建物・襖絵・境内」と「紅葉」と「嵯峨菊展」のライトアップが三つ同時に楽しめる行事で、お得感がありました。

大覚寺のHPによると、夜間特別拝観「真紅の水鏡」は、「本堂および大沢池周辺の広大なエリアを、幻想的で柔らかな光で照らし出します。見頃を迎えた紅葉と光の競演は、大覚寺ならではの風雅を演出したもの。 放生池の水面に映し出される心経宝塔や、勅使門前の白砂の上に浮かび上がる嵯峨菊のあでやかさは圧巻の光景です。 1200年の歴史を誇る大覚寺ならではの悠久の時間を是非ご体験ください」
と書かれています。

入口が大沢の池の横にあり、池の周囲と、お寺の境内の両方に入れるようになっていました。まず、大沢の池の周囲を巡って、紅葉を楽しみました。大沢の池の四季は、いつも心に残ります。(ライトアップのこの日は一周はできませんでした)

20161128大覚寺

20161128大覚寺

20161128大覚寺

20161128大覚寺

20161128大覚寺

20161128大覚寺

20161128大覚寺

20161128大覚寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の紅葉ライトアップ 仁和寺 (五重塔から国宝の金堂あたり)

昨年秋の紅葉のライトアップシリーズを、まだしばらく続けます。(神護寺、等持院、仁和寺、大覚寺、建仁寺の順に続けます)

仁和寺は桜の季節を除いて境内の散歩は無料です。境内の一番奥に国宝の金堂があります。仁王門から金堂周囲まで自由に散策できます。途中五重塔もあって、京都らしさを感じることのできる絶好の場所です。

金堂の横のもみじの紅葉が見事で、毎年撮影に来ていますが、ライトアップされた風景もまた見事でした。仁和寺は、春には御室桜が咲き誇り、観光バスが続々と入る一大観光地になります。ちょうどそのころにピンクののミツバツツジも満開になります、新緑の季節は青々とした木々が茂り、秋には紅色や黄色の紅葉を堪能できます。おまけに背景にある成就山には、御室八十八ヶ所と言って、四国八十八ヶ所を模した88のお堂が尾根沿いに並んでいるハイキングコースもあります、四国に行かなくても、約2時間のハイキングで結願成就できる場所でもあります。

近くの龍安寺、金閣寺とあわせて、世界遺産三寺と古都の一日を楽しめる地域です。

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都の紅葉ライトアップ 仁和寺 (入口から五重塔あたり)

昨年秋の紅葉のライトアップシリーズを、まだしばらく続けます。(神護寺、等持院、仁和寺、大覚寺、建仁寺の順に続けます)

11月26日、京都市右京区宇多野 世界文化遺産仁和寺の紅葉ライトアップに行きました、仁和寺は皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住したことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称された、そうです。

仁和寺として初めての紅葉ライトアップという説明でした、一般公開ではなく、特別ツアーの一員としての参加です。普段は、きぬかけの道に面した二王門から入りますが、この日は特別ライトアップということで、東門からの入門でした。

二王門の内の境内から、真正面の朱色の中門に進みました、普段は何気なく通っていた門も、ライトアップされていると感じが変わって見えました。中門をくぐると、右手に五重塔が見えてきます。

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

20161126仁和寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア









にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
ブログの殿堂 ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック