奈良若草山 山焼き(花火の打ち上げ)

1月27日に、奈良公園若草山で行われた山焼きに行きました、

奈良市観光協会のHPに、「毎年1月の第4土曜日に行われる若草山の山焼きは、奈良市内を見下ろす標高342mの若草山に火をつけ、山全体を燃やす早春を告げる奈良の一大行事です」と書かれています。毎年、10万人を超える大勢の見学客が詰めかけているそうです。

18時15分から、大音量の打ち上げ音とともに、若草山の山頂あたりから上に向かって、真冬の花火が打ちあがりました。約600発の花火がおよそ15分間に打ち上げられるので、休む間もなく打ち上げられている感じです。冬の澄んだ空に打ちあがるので、色が鮮やかに感じます。大きな花火の直径は約300mもあるそうで、今まで若草山の山麓で見ていたため、花火が開くと頭上に火の粉が落ちてくる感じがしていましたが、今年は少し離れた場所だったので、花火全体をきれいに見ることができました。

打ち上げ花火は種類多いようで、同じような花火がずっと続くことは、ほとんどありませんでした、途中奈良公園のシンボルの鹿を形どった花火もありました。

20180127若草山

20180127若草山

20180127若草山

20180127若草山

20180127若草山

20180127若草山

20180127若草山

20180127若草山

20180127若草山

20180127若草山

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

奈良若草山 山焼きの日(2018年1月27日)

1月27日に、奈良公園若草山で行われた山焼きに行きました、

16時頃に近鉄奈良駅に着いて、興福寺、猿沢の池あたり、東大寺参道を散策してから、二月堂方向に向かい、奈良公園の春日野園地に出ました。

この日は快晴で、夕陽に照らされる興福寺の五重塔(国宝)がきれいでした。猿沢の池越しの五重塔も、いつ見ても趣があります。東大寺の参道は大勢の観光客と餌を目当ての鹿がいつもいます。昨年までに2回来ていた山焼きですが、点火に近い山麓の中腹でしか見学していなかったので、今年は少し離れてみようと思って、特に場所は決めずに探そうと思っていました。

17時15分頃に春日野園地に着いたところ、入り口近くで、若草山の見渡せる位置があり、待ち構えるカメラマンの数もそう多くなかったので三脚をセットして待つことにしました。

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

20180127奈良興福寺東大寺

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

京都府立植物園(クリスマスイルミネーション)


年末の植物園のクリスマスイルミネーション風景です。もう2月も中旬になっていますが、紅葉から始めた昨年のライトアップシリーズの最後の記事です。

旧三井家下鴨別邸のライトアップ見学の後に、間に合いそうだったので、近くの植物園に行ってみました。正門から入って、観覧温室までのライトアップ飾り付けを見学しました。毎年少し変わりますが、観覧温室前広場、正門花壇の光の飾り付けや、トナカイやソリなどをかたどったイルミネーションが心を和ませてくれます。植物園全体で12万球のイルミネーションだそうです。

花壇付近から北山門方向に向かうくすのき並木の、並木道に沿って両側に立つ大きな「くすのき」をイルミネーションが様々な色で照らして、流れるようにライトアップしていました。

週末などは、会館で音楽コンサートなどを行っています。年末特有の気ぜわしさが全くなく、静かな雰囲気が良いです。

20171221植物園

20171221植物園

20171221植物園

20171221植物園

20171221植物園

20171221植物園

20171221植物園

20171221植物園

20171221植物園

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
スポンサードリンク

リンク
フリーエリア







にほんブログ村 京都府情報
人気ブログランキング
FC2 Blog ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
少し自分の時間ができて、永年の念願だった京都の四季の撮影を始めました。(旅行、観光の参考になれば幸いです) I began the photography of the four seasons of Kyoto that was the heart's desire more before.

kotodayori

Author:kotodayori
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック